grape [グレイプ]

毒親は子の心をむしばむ 度が過ぎる『しつけ』は虐待になるという話

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

まだ何も理解できず、言葉を発することもできない、生まれたばかりの赤ちゃん。そんな彼らに『心』を与えるのは、一番近い存在である親です。

もちろん子どもが持って生まれた性格もありますが、親が子どもの人格に与える影響はとても大きいと言われています。

厳しく育てたほうが失敗するんじゃないか説

双極性障害(躁うつ病)で通院している、しらすおでん(@sirasuoden)さん。

自分と精神疾患を持つ友人たちの共通点に『親のしつけが厳しすぎる』ことを挙げました。

人格否定や肉体的暴力、行動の強要…。投稿者さんたちは、『しつけ』ではなく『虐待』に近い教育を受けてきました。

過度なしつけは『毒親の虐待』になる

子どもに対して、児童虐待に近いしつけを行う親を、ネット上で『毒親(毒になる親)』と言います。

人格否定や過干渉、価値観の押し付け…毒親は、わが子の人生を支配し、子どもの人格形成に大きな悪影響を及ぼします。

そうやって育てられた子どもは、大人になっても『親の支配』からなかなか抜け出すことができません。その結果、精神を病んでしまったり、アダルトチルドレンになったりしてしまうと言われています。

【アダルトチルドレン】

機能不全家族のもとで育ったことにより、大人になっても生きづらさを感じてしまう人。
自信が持てなかったり、人の顔色ばかりうかがったり、常に不安を抱いていたり、生きるうえで多くのストレスを感じてしまう。

毒親の多くは、自らの行動を虐待ではなく『しつけ』だと思っています。そして、幼い子どもは「これは、しつけなんだ」と受け入れてしまいます。

確かに、親が子どもに教育することは大切ですが、子どもは親の『もの』ではありません。意思を持った、1人の人間です

子どもを『1人の人間』として尊重し、助言しつつ正しい道へ導いてあげる…それが、親のやるべきことなのかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
@sirasuoden

Share Tweet LINE コメント

page
top