grape [グレイプ]

ジブリ作品の世界に入れるだと!? 『ジブリパーク』に期待が高まる!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:愛知県公式Webサイト

愛知県がスタジオジブリと協力して、『愛・地球博記念公園』に開業予定の『ジブリパーク』。

その基本デザインが2018年4月25日に公開され、人々の期待が高まっています。

歩いて周れるジブリの世界

作品の世界を表現した『ジブリパーク』は2022年に開業予定。

現在、公園に広がっている自然を損なうことなく、楽しんで歩けるテーマパークを目指しています。

全体像は、こちらをご覧ください!

エリアは以下の5つ。

1.青春の丘エリア

2.ジブリの大倉庫エリア

3.もののけの里エリア

4.魔女の谷エリア

5.どんとこ森エリア

さまざまなジブリ作品のエリアがありますね。

順番に、気になる完成予想図を見ていきましょう。

『青春の丘エリア』

ジブリ作品に見られる、19世紀末の空想科学的要素を取り入れたメインゲートを設置。

また、斜面の高低差を活かして、映画『耳をすませば』の「地球屋」を再現する予定です。

絵を見ると、「地球屋」のベランダに映画『耳をすませば』のキャラクターたちが描かれていますね!

『ジブリの大倉庫エリア』

現在、温水プールとして利用している空間を活用。「通年、天候に左右されずに楽しめる施設」としてリニューアルします。

展示室や、子どもの遊び場、スタジオジブリの倉庫などを整備。

右側にあるお店「CAT BUS」は、ネコバスのことでしょうか…。

『もののけの里エリア』

映画『もののけ姫』の「タタラ場」をモチーフにした建物などを整備。

広場には、映画『もののけ姫』の「タタリ神」や「乙事主(おっことぬし)」をモチーフにしたオブジェを設置する予定です。

『魔女の谷エリア』

映画『ハウルの動く城』の「ハウルの城」や、映画『魔女の宅急便』に登場する主人公の実家「オキノ邸」、遊戯施設などを整備。

複雑な造りの「ハウルの城」が、どこまで再現されるのか気になります!

『どんとこ森エリア』

現在、「サツキとメイの家」が建っている周辺をより充実させる予定。

受付所等を「サツキとメイの家」と合わせたデザインにして、裏山の森に散策路を再整備します。

ネットの反応

基本デザインを見た人たちは大盛り上がり!

SNSには、さまざまなコメントが寄せられています。

・こんなの、絶対楽しいじゃん。

・行きてぇなあ!

・愛知県民として年間パスポートを買わなきゃ。

・2022年まで生きる目標ができた。

・近くに、映画『千と千尋の神隠し』をモチーフにしたホテルがほしい!

ジブリの世界に入った気分になれる『ジブリパーク』。

エリアのモチーフになった映画を見直しながら、2022年を待ちたいですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
愛知県公式Webサイト

Share Tweet LINE コメント

page
top