grape [グレイプ]

「優しい気持ちになった」 梅雨時期のキツネと先生のやり取りに、目尻を下げる人が続出

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

漫画家の園田ゆり(@sonoda_yuri)さんが、Twitterに投稿している『#ナナライ奇譚』シリーズ。

クラスメイトの中にまぎれこみ、学校生活を送るキツネと周囲の人たちの交流を描き、人気を博しています。

前回のお話では、きつねくんのしっぽにくっ付いた大量の『ひっつき虫』を、先生が取ってあげる様子が描かれました。

今回ご紹介するのは、雨にまつわるお話です。雨の日が続いたある日のこと、クラスメイトたちはそれぞれ願いを込めた『てるてる坊主』を作りますが…。

てるてる坊主

先生から、体にぴったり合うカッパをプレゼントされたきつねくん。これならば、雨でびしょ濡れになることはありませんね!

キツネのてるてる坊主と「おそろい」になったような心地がしたのでしょうか。きつねくんはとても嬉しそうな表情を浮かべています。

「梅雨も悪くないなぁ」と思えるような、きつねくんと先生の心温まるお話でした。


[文・構成/grape編集部]

出典
@sonoda_yuri

Share Tweet LINE コメント

page
top