grape [グレイプ]

電車内で女子中学生に絡むおじさん 乗客が間に入りとった行動に称賛の声

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

不審者や痴漢の被害にあった人の多くは、恐怖心からすぐに抵抗できないといいます。

また、現場を目撃しても、「巻き込まれたくない」とためらい、なかなか行動に移せない人もいるそうです。

そんな中、シュナムル(@chounamoul)さんが投稿した、『電車の中で中学生を助けた時の話』に、多くの人が勇気をもらっています。

挙動不審なおっさん

帰りの電車の中で、挙動不審な男性を見かけた投稿者さん。そのまま様子を見ていると、不審男性は中学生ぐらいの少女たちに絡み始めたといいます。

投稿者さんはすぐに不審男性と少女の間に割って入り、彼の目を優しく見つめ続けます。

すると、どうでしょう。先ほどまで少女たちに絡んでいた不審男性は、すぐにほかの車両へ消えて行ったのです。

「おっさんを追い払うにはおっさんが一番なのだ」と語る投稿者さん。その理由を、こう続けます。

俺はおっさんだから、変なおっさんに絡まれても怖くないけど、子どもにとっては恐怖以外の何ものでもない。

こういう時、おっさんの役割として、すぐに動いて子どもを守ってあげてほしい。

投稿者さんが追い払った不審男性のように、不審者や痴漢は自分より弱い存在を狙う傾向があるといいます。

つまり、自分より堂々としている人や、立場の強い人にはかなわないことを分かっているのです。

誰かが危険な状況にある時、すぐに助けに入るのは勇気がいること。しかし、その勇気で救われる人がいます。

投稿者さんは、ツイートの反響の大きさを受け「こうしたことを誰もが当たり前にできる社会になってほしい。そうすれば、痴漢もこんなに横行しないはず」と語ります。

1番悪いのは、弱い存在を狙って犯罪行為をはたらく不届きものです。しかし、もしも被害を目撃したら、投稿者さんのようにすぐに行動をとれる人でありたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@chounamoul

Share Tweet LINE