grape [グレイプ]

2018年もっとも美しい月がもうすぐ! 「祝日だし見やすそう」

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

1年でもっとも美しい月といわれる『中秋の名月』。団子などを供えるお月見は、古くから日本人に親しまれてきました。

現代でも多くの人が中秋の名月を見上げては、その美しさに心を癒されています。

2018年の中秋の名月は?

中秋の名月とは、月の満ち欠けで暦を決める『太陰太陽暦』を使っていた時代の、8月15日の月のことを指します。

この時代の秋は、7月から9月とされていたため、8月15日はちょうど秋の真ん中。そのため、中秋と呼ばれるようになりました。

現在の『太陽暦』に合わせると、約1か月のズレが出るので、9月~10月の月が中秋の名月となります。

※写真はイメージ

2018年の中秋の名月は、9月24日。翌25日が満月のため、2018年の中秋の名月は少し欠けた月になります。

それでも満月前後はとても明るいので、見ごたえのある月を楽しむことができそうです!

ネット上ではすでに、お月見を楽しみにしている声が上がっています。

・中秋の名月は綺麗に見られるかな。晴れてくれたら絶対に見るのに。

・2018年のお月見は祝日だし、ちょっと遠くまで見に行こうかな。

・中秋の名月を見ると、「もうすぐ秋だなぁ」って感じます。

ちなみに、『中秋の名月』は後に巡ってくる『十三夜』とセットで見ると縁起がよくなるといわれています。

2018年の『十三夜』は10月21日です。

『中秋の名月』を見たら、『十三夜』もぜひ見ておきたいですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
国立天文台

Share Tweet LINE