grape [グレイプ]

夜に時々やってきた息子 切なくも心温まる『思い出』が、胸に沁みる

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

親として、幼い子どもと向き合いながら、めまぐるしく過ぎる子育ての日々。

時に悩みながらも、成長していく我が子の姿を見守ることは、大きな喜びでしょう。

ネット上に公開された、息子さんとの思い出を描く作品が反響を呼んでいます。

『うでまくらの想い出』

作品をTwitterに投稿したのは、漫画の原作などを手がける泉福朗(@okaeri_eripiyo)さん。

幼い息子さんを育てていたころ。夜になり、布団にこっそりとやってきた息子さんは…。

少しずつ身体が大きくなっていく我が子の重みを感じながら、腕枕をした日々。

その時感じた愛おしさは、息子さんが成人したいまも消えることなく、泉さんの心の中に残っています。

「不思議なことに大変だった記憶は消えて、温かく幸せな思い出だけが残った」と語る、泉さん。

子育てがひと段落したからこそ見える景色もあると、気付かせてくれる作品ですね。

泉さんは、ほかにも子育て中の出来事を漫画にしています。こちらの記事も、ぜひ読んでみてください。


[文・構成/grape編集部]

出典
@okaeri_eripiyo

Share Tweet LINE