grape [グレイプ]

涙が止まらなくなる1時間半 『grape Award 2018』受賞作品を、アナウンサーが朗読

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

grapeは2018年、昨年に引き続き一般公募による記事コンテスト『grape Award 2018』を開催。『心に響く』をテーマにした、エッセイを募集しました。

その結果、約4か月間で昨年のおよそ3倍となる695本もの作品が、13歳から86歳までの幅広い年齢層から届きます。

2018年12月15日には銀座において表彰式が行われ、最優秀賞が1作品、特に幸せを感じた作品に送られるタカラレーベン賞が1作品、優秀賞が2作品、佳作として4作品が発表されました。

ラジオで受賞作品を、音楽とともに

2018年12月30日19時00分より、ラジオ番組『ニッポン放送イヤーエンドスペシャル grapeアワード~心に響くエッセイ2018~』がオンエアされます。

『grape Award 2018』の受賞作品を、ニッポン放送の人気アナウンサー陣が作品のイメージに合う音楽が流れる中、朗読します。

「目で読む」のとはまた違う感動が得られる、「耳で聴くエッセイ」をぜひお楽しみください。

ニッポン放送イヤーエンドスペシャル
grapeアワード~心に響くエッセイ2018~

放送日時:2018年12月30日(日) 19時00分~20時30分

パーソナリティ:新行市佳(ニッポン放送アナウンサー)

新行市佳(ニッポン放送アナウンサー)

入賞作品 紹介

最優秀賞『夫に初めて恋をした』/作者:渡辺 惠子

妻が結婚前、夫についていた『小さなウソ』。 
30年後、その秘密が明かされた時、妻は…。

タカラレーベン賞『新しい「おともだち」』/作者:建内 真由子

認知症となり、私を「お母さん」と呼ぶ大好きな祖母。
思い出してもらうのを諦めかけた時、2歳の娘が口を開くと?

優秀賞『四人の子供のお弁当を作る』/作者:ミミのパパ

男性が39歳の時、幼い子どもを残し妻が亡くなる…。
それから30年間の、子どもたちの弁当を作る日々。

優秀賞『大きな彼女』/作者:上林 暁史

たくさん食べる彼女。
震災の後、彼女の家の食料があっという間に消えた…。問い詰めると?

ニッポン放送イヤーエンドスペシャル
grapeアワード~心に響くエッセイ2018~

パーソナリティー:
ニッポン放送アナウンサー 新行 市佳(しんぎょう いちか)

放送日時:
2018年12月30日(日) 19時00分~20時30分

※スマホアプリ『radiko』でも番組をお聴きいただけます。ニッポン放送radikoは関東地方でのみ視聴可能です。そのほかの地域の人はエリアフリーをご契約いただくと視聴が可能です。

朗読された作品はgrapeで全文をお読みいただけます。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top