grape [グレイプ]

人生は野菜スープのよう 鍋の底を、お玉でかき回していると…

By - 吉元 由美  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※ 写真はイメージ

吉元由美の『ひと・もの・こと』

作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さんが、日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。

たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会った気になる物から愛用品、そして日常話から気になる時事ニュースなど…さまざまな『ひと・もの・こと』に関するトピックを吉元流でお届けします。

人生という野菜スープ

寒い日には、身体を温める根菜類のスープを作ります。冷蔵庫にある野菜…玉葱、人参、蕪、少しだけ残っていたセロリ、前日のお鍋で残った白菜、菊芋、じゃが芋…。小さく刻んでホーローのお鍋に入れ、オリーブオイル、塩をぱらぱらと。そして野菜の三分の一ほどの水を入れ、蓋をする。蒸気が出てきたら火を少し小さくして、そのまま数分。この「蒸し炒め」をすると、野菜の甘みがぐっと引き出されるのです。それからひたひたになるくらいの水を入れ、淡路島の玉葱スープをコンソメの代わりに。

※ 写真はイメージ

七種類の野菜たちは鍋の中で混ざり合い、それぞれの火の通り具合で柔らかくなっていく。別々の味や香りが調和しあい、人参くささもなくなれば、玉葱の辛さは甘みになって。別々の育ち方をしたものたちが、ひとつのものになっていく。

味をみて、伊勢の岩戸の塩で味を調える。ホワイトペッパーをがりがりと挽き、仕上げに粉チーズをたっぷり入れて、まろやかで滋味深い、優しい野菜スープの出来上がり。

 

※ 写真はイメージ

一年が過ぎ、新しい年を迎える時期は気持ちが新たになるものです。日々を重ね、年齢を重ね、ふと立ち止まって振り返った時、これまでの人生が航跡のように長く続いています。その最先端、波を越えながら進んでいる『今』を感じるのです。

スープを作りながら、人生は野菜スープのようだと思いました。いろいろなことがあります。いいこともそうでないことも。受け入れがたいこと、泣いたことも笑ったことも。人生というお鍋の中には、実にさまざまなものが入っています。まだ硬いものも、形を残しているものも、柔らかくなったものも、溶けてしまったものも。えー!こんなのも入っていたの? と思わず声を上げてしまうものも。お鍋をお玉でかき回していると、まだ食べたくないものが現れたり。

私たちはさまざまな経験をしながら、年を重ねていきます。心の奥にはまだ消化しきれていない感情や、わだかまりや、理解しがたいことが残っていて、思いがけず思い出したり、生きづらさを感じたりする。そんな過ぎていった時の忘れ物のような思い、出来事が教えてくれたことがある。心を強くすることを学んだり、自分の情けなさに気づかせてくれたり、傷ついたからこそ優しくなれることもあります。そうして、手放したいのに握りしめていた思いや出来事から学べて、感謝できた時、硬いものは柔らかくなり、溶けてしまったり。人生の滋味じみとなるのです。

※ 写真はイメージ

細かく切って、煮込んでしまう。これから先もさまざまな出来事に遭遇します。野菜スープをことことと煮込むように、時間をかけておいしさに変えていけばいい。いろんな野菜が入るほどおいしくなります。どんなスープが出来上がるか、どんな味わいになるか。日々を重ねるごとに変化していく味を楽しみに。


[文・構成/吉元由美]

吉元由美

作詞家、作家。作詞家生活30年で1000曲の詞を書く。これまでに杏里、田原俊彦、松田聖子、中山美穂、山本達彦、石丸幹二、加山雄三など多くのアーティストの作品を手掛ける。平原綾香の『Jupiter』はミリオンヒットとなる。現在は「魂が喜ぶように生きよう」をテーマに、「吉元由美のLIFE ARTIST ACADEMY」プロジェクトを発信。
吉元由美オフィシャルサイト
吉元由美Facebookページ
単行本「大人の結婚」

Share Tweet LINE コメント

page
top