grape [グレイプ]

いじめられていた女の子 図工の授業で『友達の絵』を描くことになり?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:ヘルパーおかん。

50歳からヘルパーとして介護の仕事をしている、おかんさん。介護や日常について漫画で描き、ブログに投稿しています。

クラスでいじめられていた女の子

おかんさんが小学生のころの実体験を描いた作品をご紹介します。

小学生のころにいじめられていたというおかんさん。クラスには同じようにいじめにあっている、1人の女の子がいて…。

子どものころにいじめられていて、友達がいなかったというおかんさん。

学校の図工であった「友達の絵を描く」という授業がキッカケで、同じような境遇の女の子・タカちゃんの絵を描くことになります。

完成した絵を見て、とびきりの笑顔でお礼をいうタカちゃんの姿に心を打たれ、おかんさんは絵を描くことが大好きになりました。

おかんさんは、いじめにあっていた当時のことを、次のように振り返っています。

異質なものを、あぶりだし

そして自分たちの団結を守る。

ってより、いつ自分が標的になるかわからないから

いじめの対象がいると

安心する。

悲しいかなこれは、大人社会にもあるように思います。

それが子どもの場合、ストレートに残酷なんだなーと。

おかんは思うのでした。

ヘルパーおかん。 ーより引用

自身の経験をふまえ、「絶対にいじめは許さない」と力強くつづった投稿に対し、さまざまな意見が寄せられました。

・切ないけれど心が温まる、素敵なお話ですね。

・タカちゃんは可愛く描いてもらえて、とても嬉しかったことと思います。

・私もいじめられるつらさを知っているので、いじめは絶対に許せません。

どんな理由があっても、いじめは絶対に許されることではありません。

集団の中で、周りとは異なる色を持つことは『個性』であり、誰にも否定する権利はないのです。

いつの時代もお互いの個性を認め合い、受け入れる姿勢を持つことが望まれています。


[文・構成/grape編集部]

出典
ヘルパーおかん。

Share Tweet LINE コメント

page
top