grape [グレイプ]

「鍋とご飯の間にクッキングシートを入れると…」 警視庁が教える調理方法が便利

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

災害時に役立つ情報をネット上で発信している、警視庁警備部災害対策課(@MPD_bousai)。

鍋を使った炊飯で、焦げ付きや米のこびり付きを防ぐ裏技を投稿すると「これは日常でも使える」「アウトドアにもいい」と称賛の声が上がりました。

鍋にひと手間加えるだけで

電気やガスが満足に使用できない災害時ともなると、カセットコンロと鍋を使用して、ご飯を炊くこともあるでしょう。

そんな時に困るのが、米がなべ底で焦げ付いてしまうこと。食べられる量が減るだけでなく、こびり付いた米をキレイにするために、貴重な水も大量に使わなければいけません。

「そうならないように」と、警視庁が提案したひと手間がこちらです。

用意するものは、鍋と水と米、そしてクッキングシートです。

・鍋の底にクッキングシートを敷き、その上に米2合と水400㎖を入れて炊き上げます。

・この時、クッキングシートを直接加熱しないように、クッキングシートの下にも水を50㎖ほど入れておきます。

・後は普通にご飯を炊くだけで完成です。

警視庁によると、通常の炊飯よりも若干硬めのご飯になったようですが、おいしく食べられたとのこと。

また、米のこびり付きもなく、片付けの手間を大幅に減らすことができたようです。

なお、火災などの危険があるので、クッキングシートは直接加熱しないように気を付けましょう。

災害時やキャンプでも役立つ便利な裏技。ぜひ覚えておきたい知識ですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@MPD_bousai

Share Tweet LINE コメント

page
top