grape [グレイプ]

人間が猫ヒゲをつけると、猫の気持ちが分かるように!?

By - 土屋 夏彦  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Cat Whisker Sensory Extension Wearable (2.0)

ニッポン放送で『タモリのオールナイトニッポン』などのディレクターなどを務め、現在はBayFMでITコメンテーターとしても出演中の土屋夏彦が、最近のIT・科学・経済のニュースを独自の目線で切り取ります。

猫ヒゲで猫の気持ちを分かち合い、犬の鼻で迷子犬を探し出せ!

移植された手や足などでも、脳が自分の体の一部と認識できるかのメカニズムを研究するために、アメリカのコロラド大学ボールダー校(the University of Colorado Boulder)の研究チームが、なんと猫のヒゲを身につけたら猫の気持ちになれるかという研究を発表しました。

発表資料によれば、この研究の正式名称は『猫のひげの装着感の研究(Cat Whisker Sensory Extension Wearable)』というもので、頬から伸びる4本のヒゲセンサーが何かに触れると、それぞれにつながった4つの振動モーターがユーザーの額に触覚刺激をフィードバックするしくみです。

これをつけて細い隙間に顔を突っ込んでみたり、顔をゆらゆらさせたりして、もし人間にも猫のヒゲのようなセンサーがあったら、脳がどのように外部の感覚に適応できるのかを分析し、さらには同様の移植された触覚物でも、違和感なく脳に信号が伝わるのか、すなわち『猫の気持ちになれるのか』を確認したいということです。

研究はまだ始まったばかりだということで、現時点ではヒゲの装着で猫の気持ちになれるかどうかはまだ分かりませんが、人間を改造して人間を越えるアプローチはAIが人間を超える『シンギュラリティ』と同じくらい注目されており、今後ますます増えていきそうです。

一方中国では、スマホアプリによる『迷子犬探し』が話題になっているようです。Abacus Newsの発表によれば、メグビィ(Megvii)社という中国政府にも顔認識ソフトウェアを供給する中国のAIスタートアップ企業が、ペットのさまざまな顔を認識するためのアプリを公開したそうです。

中国では最近迷子犬が多くなっているそうです。今まで飼い犬がいなくなった時に我々がやれることといえば、これまでならポスター貼りや、動物病院などに問い合わせするくらいだったのではないでしょうか。

ところが中国は違います。犬を飼い始めた時、スマートフォンの専用アプリでワンちゃんの鼻を、スマホの指紋認証を登録する要領で、複数の角度からスキャン登録します。

出典:Megvii

そしていざ、ワンちゃんが迷子犬になってしまった時、登録者たちがお互いに専用のスマホアプリで探し合うのだそうです。

探すのは簡単! 専用アプリで見知らぬワンちゃんの鼻にカメラを向ければあら不思議。迷子中のワンちゃんかどうか95%の確率で見つけ出せるそうです。このアプリはすでにこれまでに、約1万5000匹のワンちゃんを飼い主と再会させていると実績もあるのだとか。

ペットの顔認証技術は、ここ数年で世界中に広く普及しています。アメリカでは『ファインディングローバー(Finding Rover)』というアプリがトレンド中。顔認識技術を使用して、行方不明と報告されている猫や犬を見つけられるそうです。

ちなみにこれまでも世界中のドッグファンの一部では、迷子犬を見つけるために鼻を印刷登録することがすでにされてきたそうです。この時は鼻をスマホでスキャンするのではなく、あくまで犬の鼻にインクを塗って白い段ボールに押し付けて鼻の紋章を登録してきたそうです。

ペットとITの関係も、世界規模で広がりつつありそうです。


[文・構成/土屋夏彦]

土屋夏彦

上智大学理工学部電気電子工学科卒業。 1980年ニッポン放送入社。『三宅裕司のヤングパラダイス』『タモリのオールナイトニッポン』などのディレクターを務める傍ら、『十回クイズ』『恐怖のやっちゃん』『究極の選択』などベストセラーも生み出す。2002年ソニーコミュニケーションネットワーク(現ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社)に転職。コンテンツ担当ジェネラルプロデューサーとして衛星放送 『ソネットチャンネル749』(現アジアドラマチックTV★So-net)で韓国ドラマブームを仕掛け、オンライン育成キャラ『Livly Island』では日本初の女性向けオンラインで100万人突破、2010年以降はエグゼクティブプロデューサー・リサーチャーとして新規事業調査を中心に活動。2015年早期退職を機にフリーランス。記事を寄稿する傍ら、BayFMでITコメンテーターとしても出演中、ラジオに22年、ネットに10年以上、ソーシャルメディア作りに携わるメディアクリエイター。

出典
Cat Whisker Sensory Extension Wearable (2.0)A Chinese AI startup is tracking lost dogs using their nose printsabacus newsBuild Your Own Cat Whisker Body Augmentation Wearable

Share Tweet LINE コメント

page
top