grape [グレイプ]

ヤマトのキャラクターが生まれ変わる! 「Suicaのペンギンと同じ作者だ」と話題に

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

1919年創業のヤマトグループ。2019年には創業100周年を迎えます。

それを記念して、ヤマトホールディングスは自社のキャラクター『クロネコ』と『シロネコ』のリニューアルを発表しました。

丸くなったかも!?クロネコとシロネコ

クロネコとシロネコのキャラクターは、1991年に誕生。28年間多くの人に愛されてきました。

2019年11月29日からは、『Suicaのペンギン』や『チーバくん』などキャラクターの作者として知られる坂崎千春さんが手がけた、こちらのデザインに代わります。

正面のクロネコとシロネコ

横向きのクロネコとシロネコ

歩くクロネコとシロネコ

荷物を届けるクロネコと受け取るシロネコ

「よく見ると、クロネコとシロネコの胴体に差があるような…?」

リニューアルに際して、作者の坂崎さんは次のように想いを語っています。

私たちの生活の身近にあるヤマトさん。私もいつもお世話になっています。

今回『クロネコ・シロネコ』のキャラクターを制作するにあたって大事にしたのは、「シンプル」「親しみやすい」「調和」という3つのことです。

クロネコ、シロネコの形はできるだけシンプルにして、目の色をヤマトさんのイメージカラーの黄色と緑にして特徴を出しました。

丸い目と微笑んだ口元で親しみやすさを表現しています。

クロネコは上半身を鍛えたマッチョな形にし、シロネコは下半身がふっくらしたかわいい形にして、ふたりが並んだときに調和が取れるようにしています。

ヤマトのみなさまと一緒に、『クロネコ・シロネコ』も育っていきたいと思います。

日本中の、世界中の全ての人々に愛されるように…。

重い荷物を運ぶためか、クロネコは上半身がマッチョに!

一方、シロネコはクロネコよりふっくらしているそうです。正面や横向きの姿を見るとよく分かりますね。

ヤマトホールディングスによると、新たなキャラクターたちは今後ヤマトグループの顔として広告、販促グッズ、Webコンテンツ、公式SNSアカウントなどで活用されるとのこと。

新しいクロネコとシロネコの活躍も楽しみです!


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top