grape [グレイプ]

ヘンリー王子「とても悲しい」 英女王の『決定』に、無念さにじむ

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年1月19日、イギリス王室のヘンリー王子は自身が支援する慈善団体の夕食会で演説。

自身とその妻メーガン妃が、今後一切の王室公務に就かないという決定が下されたことに対し、「大きな悲しみを感じている」と不満を表明しました。

夫妻は同年1月9日に、「王室の中心メンバーから退く」という声明を公式のInstagram上で発表。祖母のエリザベス女王がどのような判断をするか、イギリス中で動向が注目されていました。

産経ニュースによると、夫妻は当初、一部公務を続ける意向を示していましたが、イギリス国内で『パートタイム王族』との批判が上がったため、エリザベス女王が夫妻を完全に引退させる決断をしたといいます。

英王室の発表では、同月18日に女王らとの協議の末、夫妻は王族への敬称『ロイヤル・ハイネス』で呼ばれることを辞退。公務に伴う公費を受け取らないことで合意したたそうです。

また、批判の対象となっていた3億3千万に及ぶ新居の改築費も返上するといいます。

公式Instagram上でも公開されている演説の中で、ヘンリー王子は「私たちの希望は、公的資金を受け取らずに女王やイギリス連邦、イギリス軍に仕え続けることだったが、残念ながらそれは不可能だった」と語りました。

そして、今回下された『王室公務からの完全引退』という女王の決定について、「ほかに選択肢がなかった」と理解も示しています。

ネット上では、エリザベス女王やヘンリー王子に対し、さまざまな意見が上がりました。

・エリザベス女王は想像以上に厳格だったな。

・ヘンリー王子の「母と同じ思いを妻にさせたくない」って考えは納得できる。

・やっぱり強い女王ですね。高齢でも決断が素早い。

・なんだか切ない結末。ヘンリー王子にはどうか幸せになってほしい。

ヘンリー王子とメーガン妃は、今後英国だけでなくカナダでも生活する方針とのこと。王子は演説の中で「英国は私の故郷で私が愛する場所だ。決して変わらない」と強調しました。


[文・構成/grape編集部]

出典
産経ニュースsussexroyal

Share Tweet LINE コメント

page
top