grape [グレイプ]

「そうだったんだ!」「なるほど!」今まで曖昧だったローマ数字の『もやもや』解消!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

映画のタイトルやゲームのナンバリングなどでよく使われている、『Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ…』というローマ数字。

Twitterでは「ローマ数字ってよく分からないよね!」という話題で、多くの人が盛り上がっています。

例えば、3は『Ⅲ』と表記し、5は『Ⅴ』と表記します。

『Ⅴ』の右隣に『Ⅲ』がある『』はですが、は『VIIII』ではなく『』なのです。

…ややこしい!」と頭を抱えてしまいますね。

ことの発端は漫画『黒執事』

ある漫画喫茶店のスタッフが「バラバラになった『黒執事』を順番に並べ直すのが1番しんどい作業」と投稿し、たくさんの人の共感を得たのでした。

現在、『黒執事』は単行本を29巻まで発売中。

その背表紙の巻数、全てがローマ数字で表記されています。

確かに、1~29までのローマ数字を順番に並べ替えるのは難易度が高いですよね…。

そして、『黒執事』の作者である枢やなさんも、自宅の『黒執事』シリーズにはアラビア数字で番号を振っていると明かしました。

作者でさえ翻弄されるローマ数字…!

ローマ数字は、羊を数えるための数字だった

多くの人を悩ませるローマ数字について、横山 明日(@asunokibou)さんが分かりやすく説明しました。

もともと、羊の数を数える時に、頭数を木に刻んで数えていたそうです。

ただ刻むだけでは分かりづらいので、5は『Ⅴ』、10は『Ⅹ』と、5区切りで記号を変えていたのですね。

なるほど~!

これなら、ただの模様に見えていたローマ数字も、ちゃんと文字として認識できそうです。

さらに、ローマ数字は『3999』までしか表せないそうですよ。

これも、もともと「羊を数えるための数字」という由来を知っていれば「4千頭以上の羊を数えることなんてなかったのかも」と推測できますね。

知れば知るほど、面白くなる数字の世界。

横山さんは、そんな、数字にまつわる算数や数学の楽しさを伝える『math channel』という体験型算数ワークショップを運営しています。

気になった人はぜひ、チェックしてみてください。


[文・構成/grape編集部]

出典
@asunokibou@toboso_official

Share Tweet LINE コメント

page
top