grape [グレイプ]

『ハッピーターン』の商品名の由来に、驚く人が続出! 「知らなかった」「意外」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年3月現在、新型コロナウイルス感染症に関するデマにより、トイレットペーパーやティッシュなどの日用品が、日本全国で品薄になっています。

品薄の商品を求めて、販売店に人が殺到する現状に、昭和に起きた原油価格の高騰による大不況『オイルショック』を彷彿とする人も少なくないのだとか。

当時、日本ではデマに踊らされた人々がトイレットペーパーを買い求めて店に殺到しました。

そんなオイルショックに似た日本の現状を受け、なぜか『ハッピーターン』がネット上で注目されています。

『ハッピーターン』の名前の由来

細長いだ円形のせんべいに、甘じょっぱい味の調味粉がまぶしてある、亀田製菓の人気商品『ハッピーターン』。

幅広い年代に愛されているお菓子が、現在注目されている理由は、商品名の由来にありました。それがこちら!

ハッピーターンが開発されていた時期は、第一次オイルショックの影響で、日本中が不景気な状態だったんだって。そこで、文字通り幸せ(ハッピー)がお客様に戻って来る(ターン)ように、願いをこめて新商品に「ハッピーターン」と名付けたんだよ!

ハッピーターンスペシャルサイト ーより引用

『ハッピーターン』は、1973年に発生した『第一次オイルショック』で苦しむ人々に、幸せが戻ってくるようにと、名付けられた商品だったのです!

商品の開発中にもし第一次オイルショックがなかったら、別の商品名になっていたのかもしれませんね。

『ハッピーターン』の商品名の由来を知った人々からは、さまざまな声が上がっています。

・素敵です。当時の商品制作者さんの人物像が垣間見えますね。

・商品名から想像はできたけど、第一次オイルショックが絡んでいるのは知らなかった!

・幸せが帰ってきて欲しい時に、食べてみます!

製作者の願いが込められた『ハッピーターン』は、これからも変わらぬおいしさで、人々に幸せを運び続けることでしょう!


[文・構成/grape編集部]

出典
ハッピーターンスペシャルサイト

Share Tweet LINE コメント

page
top