grape [グレイプ]

マスク不足を受け、岡山県総社市がとった行動に称賛の声 「一石二鳥だ」「素晴らしい!」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

2020年1月に発生し、世界中を騒がせている新型コロナウイルス。

日本ではマスクの在庫不足が続き、3月時点でも解決していません。マスクを求め、ドラッグストアには朝から長蛇の列ができることもあります。

一時は買い占めや高額転売が相次ぎ、マスクの供給不足は問題視されています。

岡山県総社市の『デニムマスク』が話題に

そんな中、立ち上がったのは岡山県の総社(そうじゃ)市。総社市が企画し、『総社デニムマスク』を生み出しました。

デニム生地で作られたこのマスクは、総社市内の障がい福祉施設で製作されています。

『総社デニムマスク』は総社市役所で販売をしていましたが、購入希望者が多いため予約受付を開始。

2日現在、総社市のウェブサイトにはWEB予約フォームが設置されており、全国から注文することができます。

『総社デニムマスク』の1日の製作数は70~80個程度とのこと。そのため用意ができ次第、順次発送予定されるそうです。

総社市の片岡市長がTwitterに投稿すると、素晴らしい取り組みに多くの人から反響が上がりました。

・素晴らしい取り組み!マスク不足で困っている親のために購入しました。

・障がい者の方たちのお仕事支援にもなるなんて!一石二鳥ですね。

・オシャレなマスクですね!製作に携わる人たちにお礼を申し上げます。

マスクのない人を助けるだけでなく、障がい者雇用を支援した総社市の取り組み。

想いの詰まった手作りマスクは、きっと多くの人を安心させてくれることでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
@souichikataoka

Share Tweet LINE コメント

page
top