grape [グレイプ] lifestyle

すき家のうなぎは評判通りにうまいのか? 実際にうな丼を食べた結果…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

誰もが知っている大手牛丼チェーン店『すき家』。海鮮丼やカレーなど、牛丼以外のメニューも豊富に取りそろえています。

そんなすき家では、なんと『うなぎ』も扱っているというから驚きです。

すき家のうなぎは「うまい」と評判のようですが、実際に食べてみてどう感じるのか…カロリーなども交えてご紹介します。

すき家のうなぎはうまい? 美味しいとウワサのうな丼を実食

高級料理のイメージが強いうなぎ。しっかりとした店で食べようとすると、3000円以上かかることも珍しくはありません。

筆者もうなぎは好きなので、たまに食べに行くのですが、いかんせんその価格がネックになります。

そんなうなぎが、すき家では税込み790円で食べられるなんて…。

早速、すき家の『うな丼』を買いにダッシュ!持ち帰ってきたのがこちらです。

すき家のうなぎは評判通りにうまいのか? 実際にうな丼を食べた結果…
すき家のうなぎは評判通りにうまいのか? 実際にうな丼を食べた結果…

値段が値段なので、もっと小さいうなぎが入っているのかと思っていた筆者。

意外と食べ応えのありそうなサイズ感で驚きました

牛丼の並盛と大きさを比べてみると分かりやすいかもしれません。

すき家のうなぎは評判通りにうまいのか? 実際にうな丼を食べた結果…

牛丼の並盛とうな丼の並盛

ちなみに、牛丼のさまざまなサイズが気になる人は、こちらもチェックしてみてください。

付属の山椒をかけると、食欲をそそるいい香りが漂います。

食べたい気持ちをグッと抑えて、まず、うなぎの厚みを見てみましょう。

すき家のうなぎは評判通りにうまいのか? 実際にうな丼を食べた結果…

こちらも意外とちゃんとした厚みがあって、やわらかそうなうなぎです

「これはちょっと楽しみ!」と期待値を上げてひと口食べてみると…。

タレは甘すぎず辛すぎずで万人受けしそうな味わい。うなぎ自体にもしっかりと味が染み込んでいました。

すき家の公式サイトでは、うなぎの焼き方をこのように説明しています。

すき家のうなぎは手作業でさばいてから「タレをつけて焼く」という工程をじっくり三度繰り返すことで、香ばしく、ふっくらと焼き上げています。

すき家 公式サイト ーより引用

うなぎの食感は、ふわふわ系というよりは、しっとり、もっちりとした感じ。とはいえ、箸で切れないことはないので、柔らかいといえるでしょう。

今回はうなぎのしっぽのほうでしたが、それほど骨の多さも気になりませんでした。

すき家のうなぎは評判通りにうまいのか? 実際にうな丼を食べた結果…

なるほど、確かに790円でこのクオリティはすごい

ただ、やはりしっかりとした店で食べるうなぎとは「別物かな」と筆者は感じました。値段が倍以上違うので、当たり前といえば当たり前ですが…。

「気軽にうなぎが食べたい」という時は、選択肢の1つにすき家のうな丼を入れてもいいでしょう。

すき家のうなぎの評判は? 「食べやすかった」「美味しい」

すき家のうな丼の個人的な評価は先ほどの通りですが、ネットではどのような評判が上がっているのでしょうか。

高評価

・うなぎの骨が苦手なんだけど、すき家のは柔らかくて食べやすかった。

・コスパで考えたら、普通にうまいよ。

・かなり頑張っていると思う。前よりおいしくなってる!

・仕事終わりの時間帯でも、うなぎが食べられるっていいよね。

低評価

・まぁ、こんなもんだよね。

・期待していただけに残念だった。

・安いから食べてるって感じかな。

味の感じ方は人によって千差万別。「おいしい」と感じる人もいれば「これはちょっと…」という人もいるようです。

評価の基準は「値段に見合っているかどうか」というところでしょうか。

すき家のうなぎのカロリーは? 産地はどこ?

味の口コミとともに、ご飯を食べる時に気になるのがカロリーです。

すき家の牛丼は、並盛で743キロカロリー。うな丼は並盛で679キロカロリーなので、牛丼を食べるよりはヘルシーといえそうです。

すき家のうなぎは評判通りにうまいのか? 実際にうな丼を食べた結果…

ちなみに、すき家にはうな丼と牛丼が一緒に味わえる『うな牛』なるものがあります。並盛で税込み890円で、888キロカロリー。両方食べたい時に重宝しそうです。

すき家のうなぎの産地は?

すき家のうな丼に使われているうなぎの産地について、すき家の公式サイトでは明確に表記していません。ただ、すき家を傘下に持つ『ゼンショーホールディングス』の公式サイトでは、このような記載がありました。

ゼンショーグループでは、毎年さまざまなお店でうなぎを使用した商品を提供しています。中国産うなぎに対する不安の声がありますが、ゼンショーグループで使用しているうなぎはすべて安全を確認したものです。 ゼンショーグループでは成育状況を確認するため、グループ食品安全保証本部の社員が現地を訪問し、安全性を確認しています。

ゼンショーホールディングス 公式サイト ーより引用

このことからすき家で使用されているうなぎも、中国産だと見ることができます

とはいえ、11回もの検査を行うなど、安全面には最善を尽くしているとのこと。産地を気にしすぎるよりも、自分の舌で味を判断するといいかもしれませんね。

スーパーのうなぎでも中国産は結構ありますし…。

すき家のうなぎは評判通りにうまいのか? 実際にうな丼を食べた結果…

うな丼は期間限定商品のようですが、販売期間はこれといって設定されていないようです

いつ終わるのかが分からない、すき家のうな丼。

終了してしまう前に、値段よりも「うまい」のか「それなり」なのかを、ご自身の味覚で確かめてみてください。

※この記事は、2020年12月現在の情報やメニューを参考にしています。


[文・構成/grape編集部]

出典
すき家 公式サイトゼンショーホールディングス

Share Tweet LINE コメント

page
top