grape [グレイプ]

北海道

「北海道」に関する記事一覧ページです。

懐中電灯とビニール袋を持った高齢男性が来て…? 袋の中のものに身の毛がよだつ

ストーリーBy - grape編集部

漫画家のカコマツ(kaco_ma_tsu)さんは、過去に経験した恐怖体験を漫画にし、注意喚起をしました。 北海道に住んでいるカコマツさん。夜中に、職場の後輩と最寄り駅から自宅まで歩いていた時、懐中電灯を手に歩いてくる男性…

北海道の牛肉に注目! 特別価格で販売されている道産牛肉で家族団らんしませんか

社会By - 芳雪

北海道といえば、広い大地で育つおいしい食べ物がたくさんあることで有名です。 百貨店などで開催される北海道物産展に足を運ぶ人もいるでしょう。 北海道は、小麦やタマネギなどの国内生産量は1位。さらに、国内最大の牛肉産地です。…

「道民の皆様に…」 コロナの医療支援に派遣された自衛隊、任務への想いを綴る

ストーリーBy - grape編集部

新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の感染拡大が止まらない2020年。 北海道では感染者数が増えており、特に旭川市では同年12月10日時点で市内におけるコロナウイルス患者の病床使用率は約72%に至っています。…

「最高」「センスがいい」 絶賛された博物館の感染防止ポスターとは

おもしろBy - grape編集部

北海道小樽市にある小樽市総合博物館。小樽市の歴史や、北海道の交通史などを展示しています。 新型コロナウイルス感染症の影響でしばらく臨時休館をしていましたが、2020年6月1日から再開しました。 絶賛の声が相次ぐ感染防止ポ…

北海道の『食』がおトクに味わえるかも!コロナウイルスの影響による『緊急在庫処分SOS!』

ライフスタイルBy - grape編集部

2020年3月現在、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)によって、数々のイベントが中止、または延期の措置が取られています。 イベント主催者側や、出店予定だった企業のダメージは計り知れません。 また、旅行客が激…

「ありがとうございます」 北海道で撮影された『ヤマト配達員』の姿に、胸がジーン

ストーリーBy - grape編集部

Twitterで、北海道・札幌市の情報を発信しているアカウント『北海道のじかん』(@hokkaido_time)。 イベントに関する情報はもちろん、札幌市で撮影された街の様子なども公開しています。 『北海道のじかん』がネ…

サンド伊達が北海道を訪れるも…? 1枚の写真に、反響

エンタメBy - grape編集部

お笑いコンビ『サンドウィッチマン』の伊達みきおさんが、2020年2月27日にブログを更新。 北海道にある函館の現状について、写真付きで投稿しました。 サンド伊達「北海道がまたにぎやかな観光地になりますように」 2019年…

北海道のヒグマ駆除に、道外からクレームが殺到 「クマの怖さを知らないのか」と非難の声

動物By - grape編集部

ホッキョクグマと並んでクマ科で最大の体長を誇る、ヒグマ。日本ではエゾヒグマが北海道のみに生息しており、国内で最大の陸上動物とされています。 人間が襲われるケースもあるため、札幌市はウェブサイトでヒグマの出撃情報を公開し、…

北海道の動物園に「バカすぎる」「最高」の声 『斬新すぎるサービス』が話題沸騰

動物By - grape編集部

北海道札幌市にある、動物園『ノースサファリサッポロ』。 2005年に北海道初のサファリパークとして開園したこの動物園は、広大な土地で可愛い動物たちと触れ合うことができるだけでなく、定期的に犬や猫の里親募集イベントも開催し…

「濃厚でとろけそう!」明治が発売した『極上スイーツ』が買いだめ必至のうまさ

ライフスタイルBy - grape編集部

半年間毎日放送される、『朝ドラ』こと『NHK連続テレビ小説』。いつも魅力的なヒロインが登場し、毎回大ヒットを記録していますよね。「毎朝観るのが楽しみ」という人も多いのではないでしょうか。 大ヒット中の『まんぷく』に続き、…

「北海道の人はゴキブリを怖がらない」 出身者に聞くとまさかの答えが

ライフスタイルBy - grape編集部

多くの人が嫌悪感を抱く、黒くて素早く動く虫といえばゴキブリです。 家の中で見つけようものなら、叫び声の1つも上げたくなります。 しかし、北海道では気温が低いため、一般的な家庭にはゴキブリが生息できないといわれています。 …

妻に別居を切り出された夫 「あのね、実は私…」続く言葉に「そういうことね」

ライフスタイルBy - grape編集部

子どもが独り立ちすると始まる、夫婦2人だけの生活。仕事や子育て、家事に追われていた生活が一変し、自由な時間ができると、逆に戸惑ってしまうこともありますよね。 妻と平穏な日々を送っていた、1人の男性。「余生をどう暮らしてい…

page
top