grape [グレイプ] society

ブルーインパルス、『今回限定のレア機』が飛行していた

By - 芳雪  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:@JASDF_PAO

2021年8月24日、ブルーインパルスが東京上空を展示飛行しました。

同日14時から始まったブルーインパルスの展示飛行。

筆者がブルーインパルスを見た東京都内での人との距離が保てる大きな広場では、ほとんどの人がスマートフォンやカメラを向けてブルーインパルスがやって来るのを待っていました。

時間が近付くと近くのビルやマンションから顔を出す人もおり、多くの人が待ちわびていたのでしょう。

轟音とともにブルーインパルスが見えると、一瞬の歓声とともに静かにその様子を目に焼き付けたり、カメラにおさめたりしていました。

あいにく、青空の元での飛行とはなりませんでしたが、多くの人がブルーインパルスの飛行に感動をもらったようです。

広場で見ていた人からは、ブルーインパルスが通り過ぎると、自然と拍手が巻き起こっていました。

その拍手はきっと、ブルーインパルスの飛行に携わった人たちへの感謝の想いだったのでしょう。

まったく知らない人たちが一緒の想いになって拍手が起きた瞬間でした。

ブルーインパルス、実は限定のレア機体だった

実は、今回の飛行では『レア機体』があったといいます。

予備として飛ぶ機体は、尾翼の数字が左右で異なっていました。その理由は、1機で2機分のスペアを兼ねるため。

どんなハプニングがあっても対応できるよう、準備していたそうです。

ブルーインパルスを見た人たちからは、感謝や感動の声が寄せられていました。

・感動をありがとうございました。素晴らしい飛行でした!

・お疲れ様でした!一生忘れません!

・激レア!初めて知りました!すごい。

ブルーインパルスの飛行は、多くの人に夏の思い出をもたらしてくれたようです。


[文・構成/grape編集部]

出典
@JASDF_PAO

Share Tweet LINE コメント

page
top