grape [グレイプ] lifestyle

ダイソーで見つけた1100円の『Bluetoothスピーカー』 実力は?

By - endang38  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

スマートフォンやタブレット、オーディオ機器と無線でつなげられる、『Bluetoothスピーカー』。自宅や外出先などで音楽やラジオを聴いたり、通話したりできるのが魅力です。

電源が必要ないので使用場所が限られず、平日は在宅ワークや家事中にBGMを流し、週末はアウトドアに持ち出して音楽を聴きながらBBQという使い方も可能。

そんな便利な『Bluetoothスピーカー』が、ダイソーで購入できることをご存知でしょうか。

各メーカーの『Bluetoothスピーカー』は通常、数千円から数万円ほどの価格帯。ですが、ダイソーでは税込み1100円で購入できますよ。

どんな実力があるのか、ダイソーの『Bluetoothスピーカー』を徹底レビューしていきます。

※この情報は、2021年12月現在の情報をもとにしています。また、商品は地域・店舗・時期により販売されていないケースがあります。

ダイソーの『Bluetoothスピーカー』の基本情報やデザイン

ダイソーで購入した『Bluetoothスピーカー』の基本情報がこちら。

Bluetooth Speaker

※写真の商品はホワイト

対応機種
スマートフォン、携帯電話、パソコン、タブレット、各種ミュージックプレーター等
通信方式
Bluetooth標準規格Ver5.0
機能
パッシブラジエーター搭載/ステレオ再生可能(2台必須)
メディアスロット
USBメモリー/micro SD/TFカード
サイズ(約)
11cm×7.5cm×3.5cm
連続再生時間
約14時間
充電時間
約3.5時間

ホワイト/ブラック
価格
1100円(税込み)

ダイソーの『Bluetoothスピーカー』は、税込み1100円とリーズナブルながら、標準規格をクリアしているスピーカーです。

連続再生時間は約14時間なので、1日中BGMを流していたいという人にもぴったり。約3.5時間でフル充電ができます。

今回、購入した『Bluetoothスピーカー』を2台接続すると、より臨場感のあるステレオ再生で、音楽などを楽しめるのは魅力でしょう。同型番であれば、カラーに関係なく組み合わせることができますよ。

複数のBluetooth対応の端末を持っていたり、家族で使ったりする人は、2台以上あっても有効活用しやすいかもしれませんね。

Bluetoothで接続する以外にも、USBメモリーやmicro SD、TFカードを差し込めば、音楽などを再生することもできるので、さまざまなシーンで活躍するでしょう。

デザイン

Bluetooth Speaker

箱を開けてみると、『Bluetoothスピーカー』本体のほかに、マイクロUSB充電ケーブル、取扱説明書、ストラップが入っていました。

Bluetooth Speaker

ダイソーの『Bluetoothスピーカー』は、掌に収まるほどのコンパクトなサイズです。

約11㎝×7.5㎝×3.5㎝なので、持ち運びにも便利。さらさらとした手触りと、丸みを帯びたフォルムは、手になじみます。

Bluetooth Speaker

上部にはシリコンゴム製の操作ボタン、裏面にはUSBメモリースロット、micro SD、TFカードスロット、充電確認用LED、充電コネクタがありました。

Bluetooth Speaker

今回購入したホワイトはシンプルなデザインなので、どんなインテリアにもスッと溶け込みますね。

使用感

Bluetooth Speaker

使用するには充電の必要がありますが、コンセントから充電する時は要注意。USBやAC用のアダプタは付属されていないので、用意しなければいけません。普段、スマホなどで使っているアダプタがあれば、大きな問題はないでしょう。

まず、付属の充電ケーブルをACアダプタに接続し、『Bluetoothスピーカー』本体とつなぎます。

アダプタをコンセントに挿すと、背面のLEDランプが赤色に点灯し、充電がスタート。

充電時間は約3.5時間で、充電が終了するとLEDランプが消灯します。

Bluetooth Speaker

充電が完了したら、Bluetoothnに対応している端末とペアリングをしましょう。

ペアリングモードにするために、電源ボタンを2秒以上長押しして電源を入れます。効果音が流れて、LEDライトが青色に点滅したら準備OK。

今回はスマートフォンとペアリングをしましたが、特に難しいことはなく、すんなりと接続できました。

接続ができると、LEDは青色に点灯したままになるので確認してみましょう。

Bluetooth Speaker

操作ボタンは分かりやすい記号表記。機械に弱い人でも、直感的に操作ができるでしょう。

『+(プラス)』ボタンの長押しで曲送り、『−(マイナス)』ボタンの長押しで曲戻しも可能です。

Bluetooth Speaker

ダイソーの『Bluetoothスピーカー』を実際に使用してみると、小さいサイズながら、よく響くバランスの取れた音が出るので少し驚きました。

音量を調節すれば、狭い空間から広い部屋まで対応できるでしょう。

パッケージにはパッシブラジエーター搭載と記載されていて、迫力のある重低音が楽しめるとのこと。

実際には、大迫力とはいえないものの、低音も高音もきちんと聴こえます。

音質に特別なこだわりがない人ならば、十分に心地よく聴こえるでしょう。

スマートフォンから直接流す音よりは、遥かに滑らかで爽快な音楽が聴けます。初期設定を終えていれば、特別なことは必要ないので、これから毎日活用したいと思えました。

Bluetooth Speaker

ダイソーの『Bluetoothスピーカー』は、音楽再生だけでなく、ハンズフリー通話に対応しているとのことなので、こちらも試してみます。

着信があると音が鳴るので、再生ボタンを押して受話しましょう。

実際に通話してみましたが、電話と比べて音がこもりがち。聞き取りにくい点が気になりました。

しかし、きちんと通話はできるため、補助的に使うのであれば特に問題はない印象です。

仕事や家事で手が離せないなど、緊急時に応答できると思えば便利ですよね。

ハンズフリーなので作業をしながらの通話も快適でした。

ダイソーの『Bluetoothスピーカー』はコスパ抜群

ダイソーで1100円(税込)で購入できる『Bluetoothスピーカー』は、リーズナブルな価格ながらバランスの取れた音質が特徴でした。日常使いに便利で、コストパフォーマンスの高い商品でしょう。

Bluetooth接続以外にも、USBメモリーやmicro SDを差し込んで使ったり、ハンズフリー通話ができたり多機能ですね。

音質に特別なこだわりはないけれど、スマートフォンやUSBメモリーに入っている音楽を、スピーカーで再生したいという人にはおすすめ。

もう少しハイクオリティな音楽を聴きたいという人は、同型商品を2台購入して、ステレオで楽しんでみてもいいでしょう。

自宅や自動車での移動中、アウトドアでも活躍する便利な『Bluetoothスピーカー』を探している人は、ぜひダイソーの商品をチェックしてみてくださいね。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top