grape [グレイプ] lifestyle

『赤穂の天塩』がすすめる、梅干し作りの『コツ』とは? 「これならお手軽」「知らなかった」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

梅が収獲される6月~7月上旬は、梅シロップや甘露煮などを作る『梅仕事』に最適な時期です。

ご飯のお供にぴったりな『梅干し』も、6月下旬頃から販売される黄色く熟した梅を使って、手作りをすることができます。

赤穂化成株式会社は、同社が製造する『赤穂の天塩』のTwitterアカウントを更新。梅干し作りをする人に、耳寄りな情報が紹介されていました。

梅は、フリーザーバッグで漬け込むのが便利!

梅干し作りでは、消毒した梅に塩をまぶして漬け込む工程があり、瓶やタル、重石などの道具が必要とされていました。

初めて梅干し作りに挑戦したいと思っても、まず道具を用意しなければならないとなると、少々ハードルに感じてしまいます。

フリーザーバッグで漬け込めると、道具がいらず保管場所も広く取らないので便利ですね!

投稿には「瓶を消毒する必要がないので簡単。知らなかった!」「なるほど、1㎏くらいならこのやり方がいい」などの声が寄せられていました。

また、『赤穂の天塩』は梅干し作りの方法を簡単に説明しています。

ちなみに、『にがり入りの塩』を使うと、梅の皮が破れにくくなるとのこと。

梅干しを手軽に作ってみたいという人は、フリーザーバッグを使ってみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
@ako_amashio

Share Tweet LINE コメント

page
top