grape [グレイプ] society

うつ病とパニック障害を明かした武尊 活動休止の理由に「ゆっくり休んで」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

圧倒的な攻めのファイトスタイルから『ナチュラル・ボーン・クラッシャー』の異名を持つ、キックボクシングで活躍する武尊(たける)選手。

そんな武尊選手が、2022年6月27日に開かれた会見で明かした話に、多くの人から驚く声が上がりました。

武尊、数年前からのうつ病とパニック障害を告白

武尊選手は緊急会見を開き、自分と向き合う時間を作るためとして、格闘家としての活動の無期限休止を発表。

活動休止の理由として、うつ病とパニック障害を数年前から患っていることを明かしました。

サンケイスポーツによると、武尊選手は数年間病院に通っており、医者からうつ病とパニック障害を併発していると診断されたといいます。

休止を決断した経緯について、武尊選手は「自分の心が耐えられるか不安だった。知らず知らず、自分の心が壊れていると感じていた」とコメント。

今後の人生について考えた結果、「今治さないと、この後の人生が壊れてしまう」と感じたといいます。

武尊選手の告白に、心配する声

会見後、ネットでは格闘技が好きな多くの人から、武尊選手を心配する声が上がりました。

また、同じくうつ病やパニック障害で苦しんだ経験のある人からは、「ゆっくり休んでほしい」という声も上がっています。

・精神的な病気は、いくら身体が強くてもなる時はなる。元気になりますように。

・ずっと格闘技の世界で頑張っていたし、リングの外でも戦ってきたんだろうな。

・無理せず、ゆっくりしてほしい。格闘家生命よりも、長い人生が一番大事。

一般的に、うつ病やパニック障害は、ストレスが原因で発症するものとされています。

なぜか世間では「身体が強い人は心も強い」と思われがち。しかし、武尊選手のように強い身体を持つ人でも、時には心の病気に苦しめられるのです。

これを機に心をゆっくりと休ませ、武尊選手が自分の人生を守ることができるよう、多くの人が願っているでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
サンケイスポーツ

Share Tweet LINE コメント

page
top