grape [グレイプ] lifestyle

泡立ち2倍以上!?『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』から『大生』が新登場!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

開栓すると、きめ細かい泡が発生し、飲食店のジョッキで飲む樽生ビールのような味わいが楽しめるという世界初※1の缶ビール、アサヒビール株式会社の『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』。

フタを開けた瞬間に、クリーミーな泡がモコモコとできていく見た目のインパクトも相まって、大きな話題となりました。

発売開始直後には、想定を上回る量の注文に商品供給が追いつかず、一時休売となるほどの人気を博した同商品。

アサヒビールは新たなラインアップとして『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶大生(だいなま)』を同年10月25日から発売すると発表しました。

従来の『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』の容量が340㎖であることに対し、『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶大生』は485㎖です。

ジョッキで飲む生ビールといえば、ノドをゴクゴクとならして、豪快に飲んだ時の爽快感が醍醐味。

『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶大生』のサイズであれば、十分すぎるほど味わえますね!

また、『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶大生』は、340㎖缶と比較して、開栓時に泡立つ速度が2倍以上※2になり、泡持ちもいいのだとか。

冷蔵庫などで、しっかり冷やしてからフタを開けると、きれいな泡ができやすいそうですよ。

ビールのおいしさだけでなく、開栓した瞬間の驚きやワクワク感なども味わえる同商品。

飲食店で飲む生ジョッキの醍醐味が家でも味わえて、自宅での晩酌や、ホームパーティがより楽しいひと時になりそうです!

『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶大生』は同年10月25日から全国で発売開始。

フタを開けた時のワクワクを、早く体験したいですね!

【アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶大生】

発売品種:缶 485㎖
アルコール分:5%(純アルコール量:19.4g)
発売日:2022年10月25日
発売地区:全国


※1:フルオープンかつ自然発泡する缶を用いた世界初の商品(2021年10月Mintel社製品データベースおよびアサヒビール調べ)

※2:開栓時8℃の状況における泡の生成速度を340㎖缶と比較。(アサヒビール調べ)


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top