grape [グレイプ] lifestyle

黒くなりがちなナスの味噌汁 変色を防ぐコツが「それだけ!?」

By - エニママ  公開:  更新:

Share Post LINE はてな コメント

ナスの味噌汁の写真

夏はナスがおいしい季節。比較的安価で手に入るので、メインのおかずはもちろん、漬物や汁物などのサイドメニューにすることもあるでしょう。

中でも、ナスがとろとろに煮えた味噌汁はおいしいのですが、気になるのは汁がやや黒く変色すること。

筆者は「黒味がかった汁を見て、子供が食わず嫌いになった」という話を聞いたことがあります。

どうしたらきれいな味噌汁が作れるのかと調べたところ、ナスの味噌汁の変色には、ある成分が関係していることが分かりました。

ナスの写真

※写真はイメージ

ナスの味噌汁が変色するワケ

ナスの皮はナスニンというポリフェノールの一種によって、濃い紫色をしているのだそう。

ナスニンは、水に溶け出しやすい性質を持っているといわれています。

ぐつぐつと煮ることでナスニンの紫色が水に流れ出て、ナス自体は色褪せ、汁は黒味を帯びてしまうそうです。

せっかく作るのなら、おいしそうな味噌汁に仕上げたいですよね。黒く濁りのない味噌汁にするためのポイントは、ナスを入れるタイミングなのだとか。

ナスとタマネギを用意して、味噌汁を作ってみます。

ナスの味噌汁の材料写真

いつもは適当なタイミングで鍋に投入していた具材ですが、色移りを最小限にするためには、出汁がしっかり沸騰した時に入れるのが重要。

ナスはすぐに火が通るので、強火で2~3分煮込んだら火を止めましょう。

ナスの味噌汁の写真

筆者はこれまで沸騰前にナスを入れて煮込んでいましたが、これが黒くなる原因だったのでしょう。

火を止めて、味噌を溶かしたら完成です。

ナスの味噌汁の写真

この方法で作った味噌汁のナスは、皮の色が濃い紫色のままで、汁に黒さがありません。

いつもの味噌汁と比較すると、ナスの鮮やかさが違います。

ナスの味噌汁の写真

食べてみたところ、いつもの作り方と比べて味に大差はありませんが、味噌汁に色移りがないと、おいしそうに見えますね。

これまでナスの味噌汁作りで悩んでいた人は、試してみてください。


[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

Share Post LINE はてな コメント

page
top