grape [グレイプ]

駐車場になぜか戦車が!?お兄さん「あれ70年も違法駐車してるんだ」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:@Asena0330

2017年からフィンランドに引っ越すため、準備や勉強も兼ねてフィンランドに訪れていたルパンさん(@Asena0330)。

ある日、ヘルシンキ市内を散歩していると、思わず目を疑ってしまう光景が目に入りました。

フィンランドの街中に、なぜか戦車が!?その理由は…

ルパンさんの目に入ってきたのは、一般車が立ち並ぶ普通の駐車場。しかし、その中には異様なオーラを放つ車体があったのです。

25992_01

出典:@Asena0330

……戦車???

その異様な光景を、じっと見ていたルパンさん。そんな彼に、知らない男性が声をかけてきました。

お兄さん「ヘイ!どうしたの?」

ルパンさん「戦車が駐車してるので気になってました」

一見普通の駐車場に戦車が停まっている理由を聞いてみると、返ってきた言葉は…!?

お兄さん
「ああ、あれね!世界大戦の頃から違法駐車してるんだよ。もう70年は停まってるんだ」

…違法駐車………??

男性の言葉を聞いたルパンさんは、近くに停まっているソビエト連邦の戦車を指差します。

ルパンさん「あのソ連戦車もですか?」

25992_02

出典:@Asena0330

お兄さん「そうなんだよ!ドイツ人もロシア人も困ったもんだ!」

25992_03

出典:@Asena0330

ルパンさん「あの対戦車砲も?」

お兄さん「もちろん!」

しかし、なんだかものすごく楽しそうな男性にちょっぴり違和感。ルパンさんが「な~んか変だなぁ」と思っていると…。

お兄さん「ごめんね、ジョークだよ(笑)」

やっぱりー!!

違法駐車というのは、お兄さんのジョーク。実はここ、元々は博物館があった場所なのだとか!移転のため、少しの間駐車場に停めていたのかもしれませんね。

フィンランドには戦車博物館もある!

フィンランドのパロラには、『パロラ戦車博物館』という場所があります。1961年に開館して以来、退役軍人が中心となって運営しています。

中には稀少価値の高い車体も展示しているため、国外からも多くの観光客が訪れるのだとか!

25992_04

出典:@Asena0330

ちなみに、駐車場に停まっていた車体とこちらの車体に描かれているのはハーケンクロイツではなく、フィンランドで幸運の意味を持つ『ハカリスティ』と言うもの。そっくりですが、別物なんですよ。

25992_05

出典:@Asena0330

こちらは、フィンランドが第二次世界大戦の時に開発した突撃砲『BT-42』。なんと、この戦車を展示しているのは、世界でこの博物館だけなのです。

25992_06

出典:@Asena0330

しかし、多くの戦車を管理するのはとても大変なもの…。運営もボランティアで行われているため、展示品の管理資金が苦しいようです。

特に野外に展示している戦車は劣化が早く、保護シェルター建設が必要な状況に。そこで博物館は2016年10月いっぱいまで、クラウドファンディングで建設費用を募っています。

25992_07

出典:@Asena0330

貴重な車体がこんなにもキレイに保存されているだなんて、ボランティアの方々がこまめに管理してきた証ですね!

この博物館は観光客だけではなく、地元の住人たちからも愛され続けている場所。今後も、さらにたくさんの人が訪れる場所になりそうです。

出典
パロラ戦車博物館 戦車の保護を - sanmagumo doujin circle@Asena0330

Share Tweet LINE コメント

page
top