grape [グレイプ]

遠い異国で「第2の人生」を走り続ける日本の電車 生活に欠かせない存在に

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:YouTube

ミャンマー最大の都市・ヤンゴン市内を走る鉄道・環状線。

駅のホームを走り出していく列車には、日本語で「急行」の文字が!

車内にも「ストップ!不正乗車」など、日本語の表示があちこちに残っています。

hand_1611_ne17_01
hand_1611_ne17_02

車内はほぼ改装していないようで、座席の雰囲気やつり革のデザインもどこか懐かしい雰囲気です。

hand_1611_ne17_03

そう、これらの車両はかつて日本国内を走っていたディーゼル・カー。ミャンマー政府の要望を受けて、JRなどの鉄道会社が寄付したもので、今ではミャンマーの人たちの生活に欠かせない存在になっています。

日本語の表示を敢えて残しているのは、車両が日本製であることを強調したいからだそうです。日本人としては、なんだか嬉しいですね。

それでは、しばしの間、ミャンマーを走る列車の旅をお楽しみください。

約半世紀にわたる軍事政権から、2011年に民政移管を果たし、著しい経済成長を遂げているミャンマー。安い労働力と新しい市場を求めて、世界中の企業から注目が集まっています。

車窓の景色からは、ミャンマーの人とたちの素朴な暮らしぶりをうかがうことができますが、あと数年もすれば目覚ましい開発の波が、このあたりにも押し寄せているやもしれません。

日本から送られたディーゼル・カーはここミャンマーで「第2の人生」を送り、人々の生活と経済の発展を支え続けているのです。


[文/grape編集部]

出典
Viewまだまだ現役、異国を走る ミャンマーの日本製中古車両

Share Tweet LINE コメント

page
top