grape [グレイプ]

「このメールを翻訳して」と黒人に渡されたタブレット あまりにも酷すぎる内容に、女性は

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Lietuvos žmogaus teisių centras

これ、なんて書いてあるのか教えてくれない?

待合室で黒人男性が話しかけてきました。リトアニアに来てまだ2週間足らずの彼は、Facebookで届いたリトアニア語のメッセージが読めなかったのです。

この国に何しに来たんだ?
アフリカに帰れ
お前のその奴隷の皮で靴を作ってやる

男性からタブレットを渡され、そのメッセージを読むと、そこには男性を差別するひどい言葉がつづられていました。内容が知りたいという黒人に、翻訳を頼まれた人たちは、一体どうするのでしょうか。

こんな言葉、訳せない

これはリトアニアの人権センター(LCHR)が行った実験。一般人をコマーシャルのエキストラのオーディションとていして待合室に誘導。隠しカメラが回る中、男性にヘイトメッセージの翻訳を頼まれるのです。

メッセージの内容を理解した瞬間、差別を受けている黒人に感情移入をしていき、やるせない気持ちになっていきます。

この人のこと知ってるの?
これは翻訳したくない。
あなたを前にしては無理です。

これは実験でしたが、世界各国では多くの人が、このような人種差別を受けている実態があります。

世の中から差別を減らしていくことは難しいことかもしれません。しかし、メッセージを見た人たちの表情や対応をみると、人種などに関係なく、人への思いやりの大切さを実感します。


[文/grape編集部]
注:動画内の子どもは、両親に事前の許諾を得たうえで参加しています。

出典
Eksperimentas VERTIMAS / Experiment TRANSLATION

Share Tweet LINE コメント

page
top