grape [グレイプ]

疑惑の判定でベルトを逃した村田選手 翌日公開された写真に驚きの声が上がる

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

2017年5月20日夜、有明コロシアムでボクシングWBA世界ミドル級王者決定戦12回戦が行われました。

ロンドン五輪ミドル級金メダリストの村田諒太選手がフランスのアッサン・エンダム選手に挑んだ戦いは判定となり、村田選手が敗北しました。

4回にはエンダム選手からダウンをとり、試合終了まで優位に進んでいるように見えた村田選手。しかし、判定は2−1でエンダム選手の勝利となり、村田選手サイドと会場からは不満の声があがりました。

翌21日にはWBA会長がTwitterで「公正な採点が行われなかった、村田選手と日本のボクシングファンにお詫びしたい」と声明を発表するなど、物議をかもすことになってしまった今回の対戦。

試合が終わった直後、村田選手はFacebookを通してコメントを発表しました。

多くの方に応援いただいたのに、勝つことが出来ず申し訳ございません。

勝ってた負けてたはジャッジの仕事なんで、受け入れるしかありません

それがアスリートの役目かと思っています
少し休んでこの先のことは考えます

応援ありがとうございました。
負けてすみません。

村田 諒太

村田 諒太 Facebook ーより引用

悔しさを飲み込み、判定結果を受け入れることにした村田選手。

そして翌日、村田選手はFacebookに驚きの写真を投稿します。

村田選手が投稿した驚きの写真とは

出典
村田 諒太 Facebook

Share Tweet LINE