grape [グレイプ]

ボクシング井上尚弥に敗れたドネア 「恥を承知」のお願いが胸を打つ

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズのバンタム級決勝から一夜明けた2019年11月8日。井上尚弥選手に敗れたフィリピンのノニト・ドネア選手のツイートが話題です。

なぜか優勝トロフィーはドネア選手の元へ…

11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われた決勝戦では、0-3で井上選手が判定勝ち。

伝説のボクサー、モハメド・アリの名前が付けられた、優勝副賞『モハメド・アリ・トロフィー』を手にしました。

しかしその翌日、ドネア選手がTwitterで公開した動画には、井上選手が手にしたはずのトロフィーが。

なぜ敗れたドネア選手の元にトロフィーがあるのか…その理由を、ドネア選手本人がTwitter上で明かしました。

私は『モハメド・アリ・トロフィー』を手にするために日本に来ました。息子たちには、トロフィーを見せると約束もしていました。だから、イノウエに「一晩トロフィーを貸してください」と、涙を浮かべながら恥を承知でお願いしました。私自身のためではありません。私の約束のために。

@filipinoflash ーより引用(和訳)

また、「最善を尽くしても、成し遂げられないこともある」とし、今回の一戦は「息子たちにとっていい教訓になる」ともつづっていたドネア選手。

リング上の戦士として、そして2人の息子を持つ父親として、自身のプライドを捨ててでも約束を守ったドネア選手の思いは、胸を熱くさせるものがあります。

【ネットの声】

・ドネア選手もすごいし、井上選手の度量の大きさも素晴らしい。

・決勝までのぼりつめたのだから、恥じる必要はない!素晴らしい試合でした。

・ツイートを見て、泣きそうになった。

「トロフィーの貸し出し」という異例の後談がついた今回の決勝戦。その経緯に胸を打たれ、感動の涙を流した人は多くいたことでしょう。

そして、ドネア選手の思いをくみ取り、大切なトロフィーを貸し出した井上選手もさすがのひと言。実力だけでなく、人格的にもチャンピオンであることを証明してみせました。

ドネア選手はその後、息子たちと共に再び動画を投稿。息子たちは「イノウエさん、ありがとうございます。おめでとうございます」とメッセージを送っています。

その姿に、再び涙腺を刺激された人が続出したのはいうまでもありません。


[文・構成/grape編集部]

出典
@filipinoflash@naoyainoue_410

Share Tweet LINE コメント

page
top