ドトールが『飲食業界初』に乗り出す! 従業員に寄り添う制度に「素敵」「転職したい」

幅広い世代に愛されている、コーヒーショップ『ドトール』。

2017年に、サービス産業生産性協議会が行った『顧客満足度調査』によると、カフェ部門における堂々の1位を3年連続獲得しています。

ドトールが、2017年9月から導入した『ある制度』が、注目を集めました。

働く人々に寄り添う環境づくりを

ドトールが新たに導入したのは「社会保険加入の非正規雇用者を対象に、退職金制度を導入する」という取り組み。

飲食業界初となるこの制度は、アルバイトやパートの人たちにも退職金制度を設けることで「優秀な人材が、安心して長く働けるような環境を目指す」というものです。

※写真はイメージ

また、ドトールコーヒーでは、非正規雇用のパート・アルバイトの方々を重要な戦力ととらえて「パートナー」と呼んでおり、長期勤続がメリットを生む、さらなる福利厚生の拡充策を検討いたしました。

ドトールコーヒー ーより引用

非正規雇用の従業員たちを『重要な戦力』と呼び、充実した職場環境づくりにまい進するドトール。

お客さんはもちろん、従業員一人ひとりを大切にする姿勢こそ、好評を博している理由かもしれません。

これからも、心地よいひと時を過ごせるカフェとして、多くの人に親しまれることでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
ドトールコーヒーサービス産業生産性協議会

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop