grape [グレイプ]

災害時、備えておくべきものはグッズだけじゃない! 警視庁の呼びかけ

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

いつ起こるか分からない災害。避難ルートを事前に確認したり、非常食や避難グッズを準備したり、多くの人が万が一に備えていることでしょう。

しかし、災害が起きるのは日本だけではありません。海外渡航先で被災してしまう可能性もあるのです。

そんな時のために備えておきたいのが、災害に関する言葉。

言葉が聞き取れないがために「何が起きているのか分からない」「避難場所が分からない」…など、コミュニケーションを取ることができないと不便なシーンがたくさんあります。

そこで、災害対策に関するさまざまな情報を発信している、警視庁警備部災害対策課(@MPD_bousai)が、いざという時に役立つ英語を紹介しています。

避難所:Shelter

高台へ逃げろ:Run to a high place

Twitterでは、この2つが紹介されています。ほかにも、災害時によく使われる英語には、こんなものがあります。

逃げろ:Run/Run away/Evacuate

避難しろ:Take cover

海外渡航先で、これらの英語が耳に入った場合は、緊急時なのだと覚えておきましょう。

また、日本国内で災害が起きた場合、訪日外国人に向けて「Take over.」や「Run away.」などといって避難をうながすこともできます。

災害グッズなどではなく、『言葉』という対策方法。自分のためにも周りのためにも、覚えておくといざという時に役立ちそうですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@MPD_bousai

Share Tweet LINE