grape [グレイプ]

祖母が旅立ち、後悔の念に駆られる母 その時、娘がかけた言葉は

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

1年前に祖母が亡くなった際、家族そろって笑顔で見送った漫画家の大塚みちこ(@mt_mitty)さん。

葬儀中は、祖母が大好きだった氷川きよしさんの曲を流し、みんなで笑いをこらえていたそうです。

しかし、こんなにも明るい葬儀の前、大塚さんたちは悲しみに暮れていたといいます。

中でも大塚さんのお母さんは、現実を受け止められず、思いを吐き出しました。

祖母が亡くなった時、お母さんが後悔の念に駆られると

「もっとああしてあげればよかった」「こうしていたら」と、涙を流しながら後悔の念に駆られたお母さん。

そんなお母さんに対し、大塚さんは優しく「そうやって悔いてもきりがないし、それでいいと思う」と声をかけました。

お母さん本人は後悔していても、きっとおばあさんは大好きな家族に囲まれ、毎日幸せだったのではないでしょうか。

そして、家族が笑顔で見送ってくれたことを喜んでいることでしょう。

大塚さんの『おばあちゃんエッセイ』が配信中

おばあさんに関するエッセイをまとめた、大塚さんの『私はいつか今日のことを思い出す』が電子書籍で配信中です。

柔らかい絵柄で描かれる数々のエピソードに、心癒されてみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
@mt_mitty

Share Tweet LINE コメント

page
top