grape [グレイプ]

寺での職業体験後「完敗だ」と悔しがった息子 理由に「その発想はなかった」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

いろいろな職業で働いている人を間近で見たり、実際に自分が作業を教えてもらったり…多くの学校で行われる、職業体験。

働くことへの意欲を高め、社会的な自立を目指すことが目的とされています。

オカン(@ConcertinBMino)さんの息子さんも、中学生のころに職業体験を行った1人でした。息子さんが選んだのは…。

※写真はイメージ

なんと、お寺!

地元の小さなお寺で、お坊さんの職業体験をすることにしたというのです。

仏具をみがいたり、お寺お掃除をしたり…息子さんは職業体験に励みました。しかし、ある日こういいながら帰ってきました。

「完敗だ…」

お寺での職業体験を経て、謎の大敗を味わったという息子さん。

当たり前ですが、お坊さんと中学生が対抗するシチュエーションはまったく浮かびません。一体何があったのかというと…。

※写真はイメージ

「お坊さんの声量やブレスの深さ、ロングトーンに全然かなわなかった…!」

息子さんは、6年間合唱部に所属していました。そのため喉には自信があったのですが、お坊さんの読経に勝てなかったのです!

一緒に読経をしたことで、自分の未熟さとお坊さんの凄さを思い知った息子さん。プライドを打ち砕かれ、大敗を喫したのだとか。

確かに読経は、ロングトーンや声量などといった技術も必要とされます。いい声をしているお坊さんの読経に、思わず聞き惚れてしまった人も少なくないことでしょう。

息子さんはこの敗北を機に、さらにボイストレーニングに励もうと思ったのではないでしょうか。

本来の職業体験の趣旨とは少し異なるかもしれませんが、こんな視点も素敵ですよね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@ConcertinBMino

Share Tweet LINE コメント

page
top