grape [グレイプ]

「もしもし、警察の者ですが」突然の電話にドキッ…詳しく聞いて、背筋が凍る!

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

警察の者ですが…。

※写真はイメージ

もし、そんな電話がかかってきたら、あなたはどう思いますか。

たとえ、やましいことがなくてもドキッとするでしょう。

「家族や友人に何かがあったのかも」と心配をするかもしれません。

警察官を名乗る人物からの電話に…

ある日、織(@m03t09)さんにも、警察官を名乗る人物から電話がかかってきました。

警視庁の者です。

織(本名のフルネーム)さんの携帯電話で間違いないですか?

そして、驚くような事実を口にします。

あなたの口座が詐欺グループに使われています。

警察官に、こんなことをいわれたら、普通は冷静に対応することができません。

ところが、織さんは至って冷静に、こう切り返します。

近くの交番で相談をしてから折り返し、お電話をします。

すると、突然電話は切れてしまいました…。

勘のいい人なら、もうお気づきでしょうが、「警視庁の者だ」と名乗った電話の主は詐欺グループの一員だったのです。

しかし、織さんは突然の電話に、なぜ冷静に対応できたのでしょうか。

手口を知っていたから!

実は、織さんはこういった手口をTwitterで見たことがありました。

特にポイントとなったのは、番号が「050~」で始まるIP電話だったこと。

その時点ですぐに「怪しい」と疑うことができたので、冷静に対応できたのです。

その後、最寄の警察署に相談をしたところ、このようなことを教えてもらったといいます。

・警察官を名乗る人間がIP電話から電話をかけることはない。
※電話をするにしても、最後が「~110」になっている。

・警察官から電話をする場合、最初は折り返し電話をしてもらうことになっている。

そして、不審な電話を受けたら「一度切ってから警察に相談しましょう」とツイートしました。

手を変え品を変え、さまざまな手口で金をだまし取ろうとする詐欺グループ。

常に変化を続ける彼らに対抗するには、新しい情報を知ることが大切です。

「自分が注意をする」のはもちろん、家族や友人など、周囲の人と情報を共有することも重要。詐欺グループの悪質な手口に引っかからないように用心をしてください。

出典
@m03t09

Share Tweet LINE