grape [グレイプ]

「これはポイ捨て減る!」 祭りで目撃した『合理的なゴミ捨て場』に称賛の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

夏になると、日本各地で夏祭りや花火大会が開催されます。

『日本の夏』を体感するため多くの人が集まり、美しい花火を見たり、屋台をまわったりと充実したひと時を送ることでしょう。

※写真はイメージ

しかし、たくさんの笑顔にあふれるひと時の裏には、悲しい現実も広がっています。

それは、ゴミのポイ捨て。悲しいことに、訪れた人たちが食べ物のゴミなどを決められた場所に捨てず、ポイ捨てする人が多いのです。

多くの人が去った会場に大量のゴミが残る光景は、人間の汚い部分を見るようで嫌な気持ちになりますよね。

祭りの会場に設置された『合理的なゴミ捨て場』が話題に!

ある日、東京都武蔵野市で開催された夏祭りに足を運んだ、まるいちまあく(@maruichi_mark)さん。

会場で目に留まった『合理的なゴミ捨て場』を前に、思わず立ち止まってしまったといいます。

そこにあったのは、複数台のゴミ収集車。なんと、ゴミ収集車自体がゴミ捨て場になっていたのです!

ゴミ収集車の前には「可燃ごみ」「不燃ごみ」「ダンボール」などの目立つ看板が置かれており、しっかりと分別することができます。

すぐ横でスタッフが監視していたうえ、ゴミを捨てようとする人に案内もしていたため、安全面も配慮しているようです。

また、ゴミ収集車自体もとてもキレイで、ゴミの臭いもしなかったのだとか。きっと、しっかりと洗車をしてきたのでしょう。

斬新なアイディアに、まるいちまあくさんは「なるほど、その手があったか!」と驚かされたといいます。

【ネットの反応】

・ゴミ収集車に直接捨てられるなんて、これは捨ててみたくなる!

・これは素晴らしい!主催側はよく気が付いたなあ。

・「結局は入れるんだから、最初から入れちゃえ!」って案ですね!

・これなら、子どもも喜んで捨てそう!

本来であれば、主催側が工夫をせずとも、参加者がしっかりとマナーを守らなくてはいけません。

ですが、いくら注意をしてもマナーを守らない人がいるのは事実です。

こういった工夫によってポイ捨てが減り、最後まで多くの人が楽しめる祭りになるといいですよね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@maruichi_mark

Share Tweet LINE コメント

page
top