grape [グレイプ]

「なにいってんだこいつ?」 傷付いて帰って来た娘の代わりに、保育士に抗議したら

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

子どもが誰かに傷付けられると、自分のことのように悲しく感じる親はたくさんいます。子どもが心に受けたダメージを想像し、なんとか癒してあげようとすることでしょう。

理不尽な出来事が原因の時には、まだうまく主張ができない子どもの代わりに抗議に行くかもしれません。

2人の娘さんを育てているAi(mayai260)さんは、保育士に抗議した時の出来事を漫画化。Instagramに投稿し、多くの反響を得ています。

その日、長女のひまちゃんは保育園で行われる『お誕生日会』をとても楽しみにしていました。2月生まれのひまちゃんは、壇上に上がってみんなから誕生日を祝われるはずだったのです。

しかし、帰って来たひまちゃんは、なぜか暗い表情をしていて…。

誕生日会事件

保育士に「自分も2月生まれだ」と伝えたら、ウソつきあつかいをされてしまったひまちゃん。

どんなに悔しかっただろうかと考え、Aiさんは涙をこぼします。

なぜ、保育士はひまちゃんの話を聞いてあげなかったのでしょうか。怒ったAiさんは、保育士に事実関係を確認しに行きました。

「もう終わってます」って、どういうこと?

出典
mayai260

Share Tweet LINE