grape [グレイプ]

「ロシアのオモチャがめっちゃ音痴だった…」 28秒の動画に爆笑する人続出!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

世界を代表する作曲家のルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが1810年に生み出した『エリーゼのために』。

クラシックに詳しくない人でも、TVや音楽の授業などで一度は耳にしたことがあるでしょう。美しくもどこか切ないメロディは、聴いた人の心にしみわたります。

しかし、そんな美しい旋律を破壊してしまうような『音痴すぎるエリーゼのために』が話題になっています。

ロシアのオモチャによる『エリーゼのために』がオンチすぎる

話題の動画を投稿したのは、美優(@mi_ya_1104)さん。

ある日、『エリーゼのために』が流れるオモチャがロシアから郵送で届いたといいます。

しかし、オモチャから流れてきた曲を聴いて、投稿者さんは驚いてしまいました。どんなメロディが流れてきたのか、お聴きください。

「むしろ、合っている音はあるのか!?」と思ってしまうほどの、破滅的なオンチっぷり!

可愛らしいウサギがデザインされたオモチャからは、聴いているだけで不安になるメロディが流れています。

もしかすると、幼い子どもが聴いたら泣き出してしまうかもしれません…。

【ネットの反応】

・ホラーゲームのBGMかな?

・ベートーヴェンがハンマー持ってこのオモチャを壊しに来そう。

・夜中に聴いたので悪夢を見そうです。

・オンチにもほどがある。笑いすぎて腹が痛い。

中には、この『壊れたエリーゼのために』をピアノで演奏する人も!

曲の誕生から200年以上の時を超えて、新しい『エリーゼのために』が流行する日が来るかもしれません…。


[文・構成/grape編集部]

出典
@mi_ya_1104

Share Tweet LINE コメント

page
top