grape [グレイプ]

ダイソーのライトに「こんなものまであったとは…」 ポヨポヨの触り心地がたまらん!

By - はるの  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ダイソーでは、さまざまな種類のライトが販売されています。

夜道の散歩や防災にも使えるもの、インテリアとしておしゃれに飾れるものなど、値段によってデザインも豊富です。

約100円~300円程度で購入できるダイソーのライトをご紹介します!

※この情報は、2021年10月現在の情報をもとにしています。また、商品は地域・店舗・時期により販売されていないケースがあります。

ダイソーのライト、防災に1個は持っておきたい! 電池要らずで発電も

地震や台風に備えて、1つはライトを家に準備しておきたいですよね。

電池式もいいですが、手動で発電ができるライトもおすすめです!

こちらは、税込み110円で販売されている『手動発電2LEDライト』。パッケージにも『災害用GOODS』と表記された、災害時に心強いアイテムです。

手動式で発電するライトではあるものの、使い方は2パターンあります。

まず、ライトの側面に付いている2つのスイッチのうち上のほうをスライドさせると、内蔵電池によってライトが点灯します。

白色のLEDライトがまぶしいくらいに光って、真っ暗な場所でもしっかりと遠くまで照らしてくれそう。

パッケージの情報によると、残念ながら内蔵電池は交換ができないとのことなので、よほどのことがない限りは手動で発電したほうが長く使えるでしょう。

もう一方のスイッチをスライドさせると、手動発電するための発電グリップが開きます。握り込むと、ライトの中のネジが『ギュイギュイ』と音を立てて回転し、発電される仕組みです。

内蔵電池で光ったライトの光量と比べると、手動のほうはかなり光量が落ちます。一生懸命グリップを握れば、ある程度はライトも明るくなりますが、手が疲れるかも…。

とはいえ、いざ災害に遭った時は活躍すること間違いなしなので、筆者的には「家族の分まで買いそろえてもいいかな」と思いました。

ダイソーのライトは、思い出の写真もおしゃれに飾れる!

ダイソーでは、インテリアとしても優秀なライトが販売されています。

税込み220円で購入できるこちらの『クリップストリングライト5CLIP』は、イベントの飾り付けにも大活躍!

例えば、クリスマスツリーに巻き付けて使用したり、キャンプのテントの中や、パーティーなどの装飾にも使用したりできますよ。

自宅の窓際や壁面を写真で飾ると、おしゃれな雰囲気も出てよさそう。

カメラで写真を撮るのが趣味な人は、『エモい写真』を並べて飾って眺めると気分も上がるかもしれませんね。

ちなみに、LEDライトの色は白で、導線の長さは約70cmほどあります。

スイッチ式で単三電池が2本が別途必要です。

ダイソーのライト、雑貨店で扱っているようなものまで売っていた!

最後にご紹介するダイソーのライトは、税込み330円で販売されている『ポンポンライト ウサギ』です。

もっちりとした丸いフォルムがかわいすぎるこのライト、筆者はとある雑貨店でもそっくりなライトを見たことがありました。

約2千円ほどで販売されていて、当時は「かわいいけどちょっと高いなあ…」と尻込み。

それが、ダイソーでたった330円で購入できるなんて…ということで即購入しました。

ライトの機能は雑貨店のものに劣りますが、コスパは抜群です!

使用するには、別売の単4電池を3本用意する必要があります。

シリコーン樹脂でできた本体は、とてもぷにぷに!思わず触り続けたくなるほどの柔らかさ。

使い始めの頃は少しだけ、ゴムっぽい香りが気になるかもしれません。

ポンとウサギの頭付近を手で叩くと、ライトの中に入っている振動センサーが感知して、オンオフを切り替えられます。

使用しない時は、裏面の電源スイッチを切っておけば、手が触れても勝手にライトが光る心配はありません。

光量もかなりあるので、ベッドの付近に置いて読書も余裕でできるでしょう。

ダイソーのライトを購入して、防災グッズを充実させたりインテリアをおしゃれに飾ってみたりしてくださいね。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top