grape [グレイプ] lifestyle

鮭の切り身を選ぶのが楽に! 『形』によって、味わいが違う

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

メインや副菜など、さまざまなアレンジができる万能食材『鮭(さけ)』。

実は、鮭の切り身の形によって、どの料理に適しているかや、また、味わいも変わってきます。

スモークサーモンのトップブランドである、王子サーモン株式会社(@Oji_Salmon)がTwitterに投稿したのは、鮭の切り身別の特徴。

知っていれば、これからの鮭料理に役立つ豆知識をご紹介します!

どの鮭の切り身を買えばいい?

王子サーモンが紹介した鮭の切り身の形の種類は、『半月型』と『弓型』の2つ。

鮭の骨を取るのが簡単なのは『半月型』、一方『弓型』は脂ののりがよいという特徴があるといいます。

見分け方は、太い骨の位置。

『半月型』は切り身の真ん中に太い骨があり、『弓型』は片側に寄っているので、骨の位置で見分けましょう。

また、なぜ切り身の形が違うのかも、王子サーモンは紹介しています。

鮭はさまざまな献立に活用できるものの「骨を取るのが面倒くさい」と思っている人は多いことでしょう。

また、シンプルに焼いて、脂のうまみを楽しみたい人にとっても、今回の切り身の形別の特徴はとても嬉しい情報!

ぜひ、お店で買う時は、今回の情報をもとに鮭の切り身を選び、おいしい鮭料理に活用しましょう!


[文・構成/grape編集部]

出典
@Oji_Salmon

Share Tweet LINE コメント

page
top