grape [グレイプ] society

『遊☆戯☆王』高橋和希さん、人命救助で亡くなったことが明らかに 「真のヒーロー」「涙が出た」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』 スクリーンショット

2022年7月7日に報じられ、全世界に衝撃を与えた、漫画『遊☆戯☆王』の作者である漫画家・高橋和希さんの逝去。

高橋さんは同月6日に、沖縄県名護市の沖合でスノーケリングの器具を装着して浮いている状態で発見され、60歳という若さでこの世を去りました。

1996年に連載を開始した『遊☆戯☆王』の世界的なヒットによって、カードゲームの楽しさを多くの人に広めた、高橋さん。

あまりにも突然すぎる旅立ちに、世界中から悲しむ声が上がっていました。

高橋和希さんが、人命救助によって亡くなったことが明らかに

高橋さんが亡くなってからおよそ3か月が経過した同年10月11日、日本での救助活動をした米陸軍将校が、米軍紙で救助の場に高橋さんもいたことを証言。

その翌12日、第11管区海上保安本部は、高橋さんが海で流された少女の救助中に、海難事故に遭ったことを正式に発表しました。

サンケイスポーツによると、高橋さんは恩納村でシュノーケリングをしていた際、アメリカ人の少女とその両親が、沖合に流されているのを発見。

近くにいた米軍人ら2人と救助に向かったところ、高橋さんは波にのみ込まれたとみられています。

高橋さんの行動に「まさにヒーローだ」の声

沖合に流されそうになった少女は米軍人に救助され、両親は無事に自力で岸までたどり着いたとのこと。

11管は、少女の心のケアを優先し、高橋さんの遺族と相談をした上で、事故の詳細を公表していませんでした。

逝去が報じられた際は、不幸な事故としてさまざまな憶測を呼んでいた、高橋さんの旅立ち。

真相が明らかになり、多くの人から高橋さんの行動を称える声が上がっています。

・きっと、他人の命を救うことしか考えていなかったんだろう。真のヒーローだ。

・そうだったのか…。確かに勇気ある行動だけど、まだ元気に生きていてほしかったよ。

・『遊☆戯☆王』が大好きで誇らしくなった。最後まで子供を笑顔にしようとしていたんだね。

水難事故では、救助に向かった人が溺れてしまい、亡くなってしまう悲しいケースも数多く報告されています。

きっと高橋さんはその危険性を理解していても、目の前で人が生命の危機にひんしているところを見て、助けに向かわずにはいられなかったのでしょう。

高橋さんの生み出した漫画やカードゲームは、今後も多くの人に笑顔を届けてくれるはずです。


[文・構成/grape編集部]

出典
サンケイスポーツ

Share Tweet LINE コメント

page
top