grape [グレイプ] lifestyle

津軽弁で書かれた交通安全標語 意味がわからない…【5枚】

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:@ttkn67

各地方ごとに一般から公募され、優秀な作品は街中に掲示される交通安全標語。

ユニークな作品はたびたび話題にのぼりますが、なかでも青森県の弘前交通安全協会による交通安全標語の看板が、「あまりに意味がわからない」と注目を集めています。

それは津軽弁で書かれた標語です! Twitterで、たてけん (@ttkn67)さんが投稿してくれた看板を見てみましょう。

意味を予想してみてくださいね!

21251_01

出典:@ttkn67

「わらはんど 右左はの までぇにな」

わらはんど…? いきなり意味の分からない言葉が。調べてみると、「子どもたち」という意味のようです。

「までぇに」は、「丁寧に」とか「念入りに」といった意味です。つまり、標準語にすると「子どもたち、右左はしっかり見てね」という意味合いになります。

つづいて…。

21251_02

出典:@ttkn67

「赤信号 いとまが止まれ ばやめぐな」

ドラゴンクエストの「ふっかつのじゅもん」みたいだな、と感じた方も一部にはいらっしゃるかもしれません…。

こちらは「赤信号ではいったん止まって、ウロウロしちゃダメだよ」といったニュアンスでしょうか。

21251_03

出典:@ttkn67

「交差点 さすねぐすれば ひがれるろ」

パズルを一個ずつ解いていくような気持ちに…。「さすねぐ」が難解です。解釈はわかれるようですが、「交差点ではわいわいしてるとひかれちゃうよ」といったところ。

21251_04

出典:@ttkn67

「きづけで 青さなっても 左右見へ」

これはわかりやすいですね。「気を付けて、青になっても左右を見てね」

津軽弁をふだん使っている子どもたちにとっては、心にすっと入ってくる標語なのでしょうね。津軽弁がわからないと、んんん? と首をかしげてしまいます。

旅先で見かけたとしたら、「どういう意味なんだろう?」と考えることで印象に残りやすくなるのかも?

津軽弁に少し慣れてきたところで、最後にもうひとつ!

 

「うぬうぬど けんどわだれば ひがれるろ」

「慌てて道路を渡ると、ひかれちゃうよ!」解読できました?

出典
@ttkn67

Share Tweet LINE コメント

page
top