grape [グレイプ]

話題の明治『ザ・チョコレート』を食べ比べ → 人気な理由がわかった!

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

カカオの選定から、チョコレートの製造までの工程を一貫して行うことを指す『ビーン・トゥー・バー』。

2015年頃から、都内を中心に専門店が出来始め、チョコレート業界の新トレンドとして注目を集めています。

そんな中、板チョコで有名な『明治』が発売した新商品『ザ・チョコレート』が話題を呼んでいます。

25522_02

専門店以外では初

『ビーン・トゥー・バー』が、チョコレート専門店以外から発売されるのは初めてです。コンビニやスーパーで手軽に買えるようになった点が嬉しいですね。

25522_01

お…おしゃれ!

『ザ・チョコレート』のラインナップは、全部で4種類です。それぞれカカオの含有量が異なり、味わいも全て違います。

また、明治のロングヒット商品『明治ミルクチョコレート』とは一線を画すパッケージ。

25522_03

味わいごとに色分けされており、裏面には味の特徴が記載されています。

25522_04

シンプルながら目を引くパッケージは『高級感』に溢れていて、明治のこだわりが感じられます。

いやしかし、肝心なのは味です!早速食べ比べてみましょう。

旨味とコクのバランスが絶妙な『ヴェルヴェットミルク』

25522_05

濃密な深みと旨味が特徴の『ヴェルヴェットミルク』は、カカオの含有量が49%と一番低くなっています。

そのため、甘さもしっかりと感じることができ、カカオのコクとミルクの旨味が絶妙です。4種類の中で、一番チョコレートらしい味でした。

高級な味わいを感じることができる『サニーミルク』

25522_06

次に食べたのは、カカオの香りが口の中で優しく広がる『サニーミルク』です。

カカオの含有量は54%で、まったりと甘すぎず後味がすっきりとしています。

また、少し感じる渋みが、コンビニで買ってきたとは思えない、デパ地下のチョコレートのような高級な雰囲気を醸し出していました。

果実の香りが弾ける『エレガントビター』

25522_07

カカオの含有量が70%もある『エレガントビター』は、ひとかじりしただけで口の中にフルーティーで爽やかな香りが広がります。

「チョコレートなのにフルーティ?」と不思議に思うかもしれませんが、これこそがカカオ本来の香りと味わいなのだそう。

ミルク感は皆無といってもよく、甘いのが少し苦手な人にオススメしたい味です。

正統派の苦味が大人っぽい『コンフォートビター』

25522_08

そして最後が、こちらの『コンフォートビター』。カカオの含有量は『エレガントビター』と同じ70%です。

しかし、まったくと言って良いほど違う味わいを楽しめます。

『コンフォートビター』は、香ばしさを感じるコクの深い味が特徴的で、まさに大人のビターチョコレート。

ミルク感はありませんが、かすかに甘味を感じ、男性にこそ味わってもらいたい味です。

もっとカカオの味わいを楽しむために

それぞれ味わいが異なる『ザ・チョコレート』には、よりカカオの味わいを引き出すため、カタチにも工夫が施されています。

よくよく見てください…。4つの模様が刻まれていますよね。

25522_09

しかし、ただの模様ではありません。

一番下のミニブロック型は、軽い口当たりを楽しむことができます。真ん中のギザギザ型は香りを際立たせ、その横のドーム型は濃厚感を楽しめます。

そして、一番上のスティック型は、力強い味わいを感じることができます。

1枚でカカオの味わいを4回楽しめる、お得なカタチ。すごいこだわりの強さです!

25522_10

最初こそおしゃれなパッケージに惹かれた筆者ですが、それぞれ個性のある味わいは期待以上でした。

コーヒーはもちろん、ワインやウィスキーにも合いそうな『ザ・チョコレート』。筆者は残った分を独り占めし、夜にお酒と一緒にゆっくり味わおうと思います♪

Share Tweet LINE