grape [グレイプ]

「何がいかんのだ?」 数学の権威が『3.9+5.1=9.0減点問題』に異議

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:@kennel_org

2016年11月、Twitterユーザーのkennel(@kennel_org)さんが投稿した、小学校3年生の算数のテストに関するツイートが大きな注目を集めました。

簡単に説明すると、「3.9+5.1」という問題に対し、「9.0」とした投稿者さんの姪(小学校3年生)の解答が減点されたというもの。

教師は「9.0」ではなく、「9」と答えるべきだったと指導したと言うのです。

この採点については、Twitterでも「教師がおかしい!」「有効数字を理解していない教師」など、さまざまな意見が寄せられました。

さらには脳科学者の茂木健一郎さんも自身のFacebookで、この問題に関して、次のように言及。

昨日、小学校の算数のテストで、「3.9+5.1=9.0」と書いたら、減点されたというツイートが流れてきて、とてもびっくりした。これははっきり言って一種の子どもに対する「虐待」である。

茂木健一郎 ーより引用

教師の採点について、辛辣な意見を述べています。

もちろん、「テストは学校で学んだことを確認するためのものなので、採点は間違っていない」といった教師を擁護するコメントもありましたが、全体的に見ると少数にとどまっています。

そんな中、この『3.9+5.1=9.0減点問題』に数学の世界的権威が言及します!

「数学のノーベル賞」を受賞した数学の権威が採点を一喝!

出典
林先生が驚く初耳学!@kennel_org茂木健一郎

Share Tweet LINE コメント

page
top