馥郁(ふくいく)とした梅が香匂う… アナウンサー押阪忍の『美しいことば』

こんにちは、フリーアナウンサーの元祖!?などと言われている押阪忍です。

ご縁を頂きまして、この欄で、お喋りをさせていただくことになりました。お目に留まれば、シニアアナウンサー(花ウンサー)の『独り言』にお付き合いいただければ幸いです。

 二月、一年で一番寒い時季ですね。咲く花が少なく、冬枯れ、花枯れと言ったりしますが、街中でよく見ると、山茶花さざんかや早咲きの梅、寒椿などが見受けられます。神社や仏閣では、冬桜の大木を見かけることもあります。

 冬の木は裸木で葉のないものが多く、黄色の蝋梅ろうばいや赤色の寒木瓜かんぼけのように、楚々と咲いているものが多いように思えます。

 さて、この厳寒時、冷たい北風の中で凛と咲く梅は、百花に先がけて咲くので、やはり春を告げる花の筆頭と言っても過言ではないでしょうね。

 梅は清楚で気品高く、その花のよい香りが人の心を魅きつけます。闇夜でもその香りは、まぎれもなく、その存在をしっかりと位置づけています。

 立春は過ぎてもまだ寒さは続くので、この二月は「観梅」ではなく「探梅」の時季かもしれませんね。梅の名所の福岡の大宰府や、茨城の水戸、静岡の熱海から“梅便り”が聴かれる待ち遠しい如月の後半ですね。

 日本人は、花といえば、華やかに咲き、潔く散る桜をその代表としますが、古来、詩歌に詠まれた花は、冬の寒さの中“花待ち心”を刺激する梅の方が多いと聞いています。

 では、梅をうたったお馴染の短歌と俳句を添えて、寒中凛と咲く“梅が香”を味わってみたいと思います。

東風こち吹かば 匂いおこせよ 梅の花

あるじなしとて 春な忘れそ

菅原道真

梅が香に のっと日の出る 山路かな

松尾芭蕉

 

むめ一輪 一りんほどの あたたかさ

服部嵐雪

                     

<2017年2月>

logo_oshizaka2

フリーアナウンサー 押阪 忍

1958年に現テレビ朝日へ第一期生として入社。1965年には民放テレビ初のフリーアナウンサーとなる。以降テレビやラジオで活躍し、皇太子殿下のご成婚祝賀式典なども行う。2016年現在、アナウンサー生活58年。
日本に数多くある美しい言葉。それを若者に伝え、しっかりとした『ことば』を使える若者を育てていきたいと思っています。

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop