grape [グレイプ]

みんなが遊んだ『折り紙』の老舗が倒産 懐かしさに「今までありがとう」の声集まる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:ダイヨ/大与 徳用おりがみ

折り紙を製作していた会社『ダイヨ(大与紙工株式会社)』。

名前を知らなくても、多くの方がその商品に触れたであろう会社が、2017年1月31日をもってその歴史に幕を降ろしました。

ダイヨは、1891年から続く折り紙の老舗。その商品であるカラフルな折り紙の中から見つかる、金と銀の紙は多くの方の記憶に残っているのではないでしょうか。

ダイヨは創業以来、折り紙一筋で経営を続けていました。ウェブサイトの会社概要ページに書かれたメッセージからも、真摯な取り組みが透けて見えます。

当社は明治24年、初代浪花与吉が大阪市の現在地に染紙業を創業、以来おりがみ一筋に100年余折紙の有力メーカーとして、社会に貢献してまいりました。

昭和40年、それまで手で染めていたものを機械で染めることに成功、以後飛躍的に生産力の向上と優れた品質のおりがみを製造し、今日に至っています。

大与紙工株式会社 ーより引用

しかし折り紙の需要の減少により業績が悪化。大阪地方裁判所より、破産手続の開始が宣告され倒産となりました。

この倒産の情報を受け、多くの方が思い出にふけり、感謝の言葉を口にしました。

  • 折り紙と言ったらこれでした。金、銀の折り紙は宝物だったのに
  • また一つ、老舗がなくなってしまったのが悲しい
  • 他社と比べ、こんなに綺麗に折れる折り紙はなかった
  • 見知らぬ企業かと思ったら、自分もお世話になっていた
  • 懐かしい。本当に残念です

小さい頃の思い出を彩ってくれたダイヨの折り紙。それが無くなってしまうと思うと、寂しい気持ちになりますね。本当にありがとうございました!


[文・構成/grape編集部]

出典
大与紙工株式会社

Share Tweet LINE コメント

page
top