おにぎりの写真をSNSに投稿して、貧しい子ども5人分の給食を寄付!【11月15日まで】

※写真はイメージ

世界で食べるものに困っている人の数は、およそ8億5000万人。特にアフリカでは、4人に1人が飢えている状態だといいます。

しかし、飢餓にあえぐ国もある一方、生産した食べ物を処理しきれない国も多数存在します。日本でも、まだ食べられる食品が年間500万トン~800万トン廃棄されているのです。

身近な食べ物を通じて、飢餓に苦しむ人を救いたい…。

そんな思いから、日本発の素晴らしいキャンペーンが生まれました。

おにぎりの写真を投稿すると、貧しい子どもたちの給食費に!

社会貢献運動の団体『TABLE FOR TWO』が行う、『おにぎりアクション2017キャンペーン』。

買ったおにぎりや、作ったおにぎりの写真をSNSに投稿することで、アフリカやアジアの貧しい子どもたちに100円(給食5食分)を寄付することができます!

※写真はイメージ

2016年のキャンペーンでは、およそ1か月半に10万件以上の投稿が寄せられました。なんとこの数は、2015年に寄せられた投稿の20倍です!

その結果、世界中の『おにぎりアクション』により、85万食(約4000人の1年ぶん)の給食が寄付されることになりました。

  • 参加費はもちろん無料。必要なのはおにぎりだけ!
  • キャンペーン期間中なら、何度でも参加可能

あなたの投稿によって、伊藤園、イオンといった協賛企業から寄付が行われます。

おいしいおにぎりを食べて、貧しい子どもたちもおいしいご飯が食べられるなんて、素敵なキャンペーンですね!

参加は、おにぎりの写真を投稿するだけ!

対象は、Facebook、Twitter、Instagram、FiNC(アプリ)の4つ。

キャンペーンのハッシュタグ『#OnigiriAction』をつけて、おにぎりの写真を投稿してください。投稿に『#OnigiriAction』と入力すればOKです!

25501_01

写真は、おにぎりのみの写真、おにぎりを作っている写真、おにぎりを食べている写真など、どれでもOK!

投稿の際は、SNSのアカウント設定が『公開状態であること』を確認してください。また、ハッシュタグ『#OnigiriAction』の抜けがないか要チェックです!

開催期間は、2017年10月5日から11月15日までです。

1人で何度でも参加できるので、おにぎりを食べる際はぜひ投稿してみてください!


[文・構成/grape編集部]

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop