grape [グレイプ]

内田前監督、井上コーチの発言に呆れる声 被害者の父が覚悟のお願い「残りの人生をかける」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

連日話題となっているアメリカンフットボール(以下、アメフト)の関西学院大学(以下、関学大)と日本大学(以下、日大)の定期戦での悪質なタックル問題。

2018年5月22日には、タックルをした日大の加害選手が記者会見を行い、多くの報道陣の前で「コーチからの指示はあった」と明確に答えました。

翌23日の夜に、日大アメリカンフットボール部の内田正人前監督やコーチの井上奨(つとむ)さんが緊急会見を開きます。

緊急会見に違和感

この緊急会見で内田前監督が語ったのは、「信じていただけないと思うんですが、私からの指示ではございません」というものでした。

「フィールドで起こったことなので、自らの責任」としながらも、指示に関しては否認をしたのです。

さらに、複数回行われた悪質タックルについて、「なぜ1回目で退場にさせなかったのか」という質問に対し、「その時はボールを見てしまっていた。プレー(タックル)を見ていない」と発言。

その後も記者からの質問に対して、のらりくらりとかみ合わない返答を続けて会見は終了し、会見を見た人たちからは、不満の声が続出していました。

そんな会見を見た、関学大被害選手の父親で大阪市議会議員の奥野康俊さんが、24日にFacebookを更新。

多くの人に協力を求めました。

お願いがあります。

前監督は一切の関与を否定。これでは宮川君が、可哀想でなりません。酷すぎます。

親の立場で我が息子と重ねると宮川君は、加害者ではありますが、指導者2人に対して、体の震えが止まりません。

以下お願いです。

前内田監督が悪質なタックルシーンを試合中見てなかったと会見で述べられました。

試合中のビデオ、動画、写真を撮っていた観客の皆さん、前内田監督が見ているシーン、顔の向きがわかるシーンなんでも結構です。

そのデータを頂きたいのですがよろしくお願いします。

また、息子や宮川選手、アメフトのためにも残りの人生をかけて、問題に取り組む覚悟を決めています。

私は、この事件に息子と、アメフト、アメフトを愛する両大学の子どもたちの為、日本のスポーツ界の信頼回復の為全てを捧げる所存です。

すでに、市議会維新代表にも伝えておりますが、私の記者会見前に決断していたことですが、任期満了を持って大阪市議会議員にピリオドをうち、次の選挙では立候補いたしません。

残りの人生をかけ真剣に、とことん、この問題に向き合う覚悟です。ご協力お願いいたします。

奥野 康俊 ーより引用

強い覚悟を感じる奥野さんの投稿には、多数の応援の言葉が寄せられていました。

・父親の覚悟ですね。応援させていただきます。

・会見にはほとんどの人が、違和感、不信感を抱くと思います。

・加害選手の誠実な会見と比較して、司会者含めた日大側の不誠実さに開いた口がふさがりません。奥野さんの覚悟も含めて、応援します!

加害選手の会見に対し、あまりにもお粗末だった内田正人前監督と井上コーチの緊急会見。

加害選手や被害選手が少しでも早く報われるよう、真実が明らかになることを多くの人が望んでいます。


[文・構成/grape編集部]

出典
奥野 康俊

Share Tweet LINE コメント

page
top