grape [グレイプ]

「人に迷惑をかけるな」と教える日本人 しかし、インドでは…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

心理カウンセラーのmasa(@masa_counselor)さんがTwitterに投稿した、日本とインドの子どもへの『教えの違い』が注目を集めています。

日本とインドの違い

日本では子どもに「人に迷惑をかけることはしてはいけない」と教える親が多いでしょう。

「何事においても周りへの配慮を欠かさないこと」が、日本人にとっては1つの美徳となっています。

一方、インドではこのように子どもに教えるのだそうです。

「あなたは人に迷惑をかけて生きているのだから、人のことも許してあげなさい」

「周りに迷惑をかけないこと」を強調する日本とは対照的に、「人を許してあげなさい」と教えるインド。

「人は失敗するものだから、許す心を持ちましょう」という教えは、子どもへのプレッシャーも少ないように感じます。

【ネットの反応】

・いい言葉ですね。日本の教えだと真面目な人ほど、しんどくなってしまいますもんね。

・両方の教えを足して2で割るとちょうどよさそうですね。

・すべての人に感謝の気持ちを持っていきたいです。

もちろん、どちらの教えが正解ということはありません。

何事もバランスが大切ではありますが、「お互い様の心」で人に感謝の気持ちを持てるようになりたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@masa_counselor

Share Tweet LINE コメント

page
top