grape [グレイプ]

『仲間外れにされた子』がいた時、気を付けたいこと 保育者の投稿に共感の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

保育者として働くと共に、子育てや教育についての研究をしている、きしもとたかひろ(@1kani1dai)さんの投稿が話題になっています。

実体験を元に「同じように悩んでいる人の手助けになれたら」という思いで子育てに関するイラストを投稿している、きしもとさん。

今回は、『仲間外れにされている子がいた時』の対応について、イラストで描きました。

『仲間外れにされている子がいた時、気を付けたいこと』

子どもの交友関係で、仲間外れは珍しいことではありません。そういった場に遭遇すると、大人は『仲間外れにした子』を頭ごなしに注意してしまいがちです。

しかし、ケンカと同じように、仲間外れにもきっと何か原因や理由があるはず。きしもとさんは子どもに『仲間外れにした理由』を質問し、子どもたちの思いのやり取りを支援するといいます。

頭ごなしに「いけないよ」としかるのではなく、理由を聞き出し子どもたちの意思を尊重すること。大人の意思を押し付けるのではなく、橋渡しをするのです。

投稿に対し、多くの人から「ハッとさせられた」「自分も気を付けたい!」「すごく素敵な考えかた…!」といった声が寄せられています。

きしもとさんは、ほかにも子どもについての『気付き』をイラストに描き、投稿しています。

子どもと接して壁にぶつかってしまった時、子育てのヒントとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

いろいろな考えを知ることで、きっとあなたなりの子育てが見つかるはずです。


[文・構成/grape編集部]

出典
@1kani1dai

Share Tweet LINE コメント

page
top