grape [グレイプ]

感染を防ぐためにマスクが効果を発揮する場所とは 「知らなかった」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ウイルス感染が広がる冬の時期は、マスクを着用する人も多いでしょう。

また、2020年1月に中国の武漢で発生した新型コロナウイルスの感染を防ぐために、日本でもマスクの着用率が高くなっています。

しかし、正しくマスクを付けないとウイルス感染を防ぐことはできません。

ネット上では多くの人が、マスクの使用方法について注目を寄せていました。

ウイルス感染の予防策として有効なのは…

2020年1月現在、新型コロナウイルスは飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染によって感染すると考えられています。

飛沫感染を防ぐためにはマスクは有効な手段と思う人も多いでしょう。しかし、首相官邸の新型コロナウイルスに関するウェブサイトでは、マスクの効果についてこのように明記されていました。

 マスクは、咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病原体の飛散を防ぐ効果が高いとされています。咳やくしゃみ等の症状のある人は積極的にマスクをつけましょう。

 一方で、予防⽤にマスクを着⽤することは、混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられますが、屋外などでは、相当混み合っていない限り、マスクを着⽤することによる効果はあまり認められていません。

首相官邸ホームページ ーより引用

咳やくしゃみ等の症状がある人が飛散を防ぐためにマスクを付けることは有効ですが、予防としてはあまり効果が認められないといいます。

マスクよりも、症状のある人に近付かないことや、人ごみの多い場所に行かないことなどが予防としては大切とのこと。

しかし、混みあった場所や換気が不十分の場所ではマスクの効果はあるといえるでしょう。

正しいマスクの付け方

首相官邸のウェブサイトでは、正しいマスクの着用方法としてこのように紹介されていました。

1.鼻と口の両方を確実に覆う

2.ゴム紐を耳にかける

3.隙間がないよう鼻まで覆う

マスクの着用方法については、メーカーごとに異なることもあります。

自分の顔の大きさにあったサイズのマスクを購入し、使用方法を確認して着用するようにしてください。

また、マスクの製造・販売をしているメディコムジャパンによると、鼻がマスクから出ていたり、ゴム紐が緩かったりするとマスクの効果が無くなってしまうといいます。

手洗いも有効

マスク以外の予防策として手洗いも効果があるとされています。

手の甲、指先、指の間など調理の前後や食事前に手洗いを推奨。

正しい予防方法を知った人からは「マスクしているだけで予防にならないのか。知らなかった」「ちゃんと手洗いもして気を付けよう…」などの声が上がっていました。

自分の健康を守るためにも正しい予防方法を確認しておきたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
首相官邸ホームページメディコムジャパン

Share Tweet LINE コメント

page
top